東村アキコ『ヒモザイル』が休載。ネットで大炎上



月刊「モーニング・ツー」(講談社)で連載中の『ヒモザイル』(東村アキコ)が休載となることが発表され、波紋を呼んでいます。







「モーニング・ツー」2015年10号から連載がスタートした『ヒモザイル』は、

「実録ヒモ男養成漫画!



東村アキコが、ダメ男たちをサルベージ! 立派な「ヒモザイル」へと育て上げ、稼ぎのよいアラサー女性のもとへと送り込む。



愛と絆と社会貢献度マックスの実録ルポ漫画です!」(※『ヒモザイル』作品紹介ページより)

という作品ですが、ネットで無料公開された際にその内容がネットユーザーの間で物議を醸し炎上状態に。



作中の問題点や炎上の経緯については、女子マンガ研究家の小田真琴氏が「“セレブ”ママ友の失礼な物言い」「専業主夫/主婦に対する職業蔑視」「アシスタントに対するパワハラ」などいくつかの点から分析したコラムが9月29日にYomerumoにも掲載されました。

※詳細はこちら⇒東村アキコ『ヒモザイル』が炎上! 主婦&バリキャリ女子を攻撃する“勝者”目線の偏り/サイゾーウーマン




今回の休載について、モーニング・ツー編集部は

「この作品につきまして、SNS等で様々なご感想をいただきました。東村アキコ氏からは、しばらく時間をかけて内容を吟味し、発表できるかたちになってから再開したいとの申し入れがありました。モーニング編集部としましても著者の考えを尊重し、今号は休載といたします。より良いかたちで連載を再開できるようになった際には、誌面・公式サイト等でお知らせいたします。 」

(※月刊「モーニング・ツー」12号『ヒモザイル』休載についてのお詫びより)

と休載の経緯と再開の可能性について公式サイトで発表。東村先生自身も


とツイートしています。



「残念すぎる!」「再開を念願」


なお、この休載発表を受けてメディア関係者や漫画関係者からは





















といった声が上がっています。



(※画像は【集え、ダメ男達よ!】 モーニング・ツー今月号にて東村アキコ新連載始動! 実録・ヒモ男養成道場『ヒモザイル』、本日開幕!より)
カテゴリ