『第93回アカデミー賞』ファッションチェック アルマーニがスケッチ画を公開

『第93回アカデミー賞』ファッションチェック アルマーニがスケッチ画を公開

 米ロサンゼルス現地時間25日、世界最高峰の映画の祭典『第93回アカデミー賞』授賞式がユニオンステーションで開催された。新型コロナウイルスの感染予防対策を徹底した上でレッドカーペットを歩くセレブリティたちの、華やかな衣装も目を楽しませてくれた。このたび、この晴れ舞台のためにジョルジオ・アルマーニが描いた、それぞれのセレブリティが衣装を着用する貴重なスケッチ画が公開された。それぞれのセレブリティがいかにジョルジオ・アルマーニのイメージ通りに美しく衣装を着用したのかがよくわかる。



【写真】ジョルジオ・アルマーニが描いたスケッチ画



■アマンダ・サイフリッド



 『Mank/マンク』(Netflix独占配信中)で助演女優賞にノミネートされたアマンダ・サイフリッド。彼女が着用したのは、アカデミー賞の場にふさわしい、華やかな1着。胸元の大きな開き、ドラマチックなボリュームのチュール、真っ赤なカラーリング…うっとりするような1着は、アカデミー賞のレッドカーペットに見事に映え、来場者の視線を釘付けにした。また、こちらのドレスを着用したアマンダを、LAの街と美しい青空をバックに撮影した貴重なカットも公開された。



 ジョルジオ・アルマーニが描いたドレスを着用するアマンダのスケッチ画を公開。アルマーニがイメージしたとおりにアマンダがこのドレスを美しく着こなしたこと、ヘアスタイルまでも、彼がイメージするように当日セットされたことがわかる。



■グレン・クローズ



 『ヒルビリー・エレジー -郷愁の哀歌-』(Netflix独占配信中)で助演女優賞にノミネートされたグレン・クローズ。Giorgio Armani Priveの総ビジュー長袖ドレスにサテンのパンツを合わせたコーディネート。露出が少ないながらも、アカデミー賞の場にふさわしいドレスアップ感を醸し出し、成熟した女性の美しさを披露した。こちらもアマンダと同様、ジョルジオ・アルマーニが描いたスケッチ画が公開されており、いかにアルマーニのイメージのままにこの衣装を着用したのかがよくわかる。



■レネー・ゼルウィガー



 2019年『ジュディ 虹の彼方に』で『第92回アカデミー賞』主演女優賞を受賞したレネー・ゼルウィガーはプレゼンテーターとして登場。前回の受賞の際にジョルジオ アルマーニ プリヴェを着用していた。以来、映画祭やレッドカーペットの場で頻繁にジョルジオ アルマーニ プリヴェを愛用。今回もプレゼンテーターの大役に、ジョルジオ アルマーニ プリヴェのドレスを着用して登場した。美しいデコルテラインを魅力的に見せてくれるドレスを好む彼女らしく、今回もストラップレスのドレスをセレクトしている。



 ジーン・ハーショルト友愛賞 を受賞のタイラー・ペリーはGIORGIO ARMANIのメイド・トゥ・メジャー 、深いグリーンのショールカラージャケットにブルーグリーンのサテン素材シャツ、ブラックパンツという個性あふれるカラーリングで登場した。



 その他、メイド・トゥ・メジャーやオートクチュールではない、GIORGIO ARMANIのスーツを着用したセレブリティを紹介(既製品のためにスケッチ画はなし)。まずは受賞者2人。『Mank/マンク』で見事、撮影賞を受賞したエリック・メッサーシュミットはジョルジオ アルマーニの1ボタンピークトラペルタキシードジャケットにイブニングシャツ、ボウタイを合わせたコーデで登場。



 『愛してるっていっておくね』で短編アニメ映画賞を受賞したウィル・マコーマックはダークネイビーカラーのダブルブレスト、ピークトラペルのスーツにブルーのイブニングシャツ、ボウタイのコーデで登場した。



 また、『ア・コンチェルト・イズ・ア・カンバセーション(原題)』で短編ドキュメンタリー賞ノミネートだれたクリス・バワーズはジョルジオ アルマーニの2ボタンショールカラータキシードジャケット、プリーツ入りの白シャツ、ボウタイという正統派コーデで登場した。



■公式サイト

https://www.armani.com
カテゴリ