自然美を描いた作品が集う「髙橋浩規 日本画展-こもれびの中で-」開催

自然美を描いた作品が集う「髙橋浩規 日本画展-こもれびの中で-」開催


日本橋三越本店では、4月28日(水)〜5月3日(月・祝)の期間、本館6階の美術特選画廊にて「髙橋浩規 日本画展-こもれびの中で-」を開催する。

茅乃舎のかけ紙の原画などを担当


髙橋浩規氏は、東京藝術大学美術学部デザイン科から大学院博士後期課程まで中島千波研究室で日本画を学び、デザイン的な構成や色彩の感覚を活かしてクオリティの高い作品を志しながら制作を続けている日本画家。

近年では、和出汁で有名な久原本家 茅乃舎の「季節のかけ紙」(新春・春・初夏・梅雨・盛夏・初秋・仲秋・冬)の原画を担当したほか、健康雑誌のパイオニアであるマキノ出版「壮快」の表紙絵を2017年1月号から描いている。

日本の自然美を描いた作品20余点を展覧


今回開催の「髙橋浩規 日本画展-こもれびの中で-」では、美しくも神秘的な日本の自然美を描いた作品20余点を紹介。


『光のフォルム』として描き続けている「こもれび」をメインにした「みなも」「月光」「天の川」など、陽の光や天体が織りなすさまざまな自然の光を描いた作品や、『折々の花々』としてマキノ出版「壮快」の表紙絵原画を含めた花や小さな生き物を描いた作品、そして富士山や八ヶ岳などの日本の山々を描いた作品などがラインアップする。


煌めく樹々のみずみずしさ、穏やかな陽光のあたたかさまで伝わるような精彩あふれる作品が、昨今の疲れた“こころ”にやすらぎと潤いを与えてくれそうだ。

ライブペインティングの様子を中継


なお、同展開催期間中の午前11時~午後5時には作家が在廊予定。同時間内で、スケッチパフォーマンスも実施される。

また、5月1日(土)午後2時からは、会場内でライブペインティングを開催。ライブペインティングの様子は、インスタグラムでライブ配信される。

日本画の魅力でもある岩絵具の美しさを感じながら、その世界観を楽しめる展覧会に足を運んでみては。

入場制限や営業日変更の場合も


なお、同展は、新型コロナウイルス感染拡大予防のため入場が制限される場合があるほか、営業日・営業時間が変更になる場合もある。詳細は、日本橋三越本店の公式HPまたは店頭にて確認を。
カテゴリ