男性が 「この子とは合う」と実感する4つのポイント

男性が 「この子とは合う」と実感する4つのポイント

男性にとって「一緒にいると落ち着ける女性」というのは、大事な存在になりやすいです。


居心地の良さも感じるので、「手放せない女性」になることも少なくありません。


今回は、男性が「この子とは合う」と実感するポイントを紹介していきます。



1人の時間を確保できる


いくら付き合っているからといっても、「恋人と過ごす以外の時間」も必要ですよね。


男性は1人の時間も大切にする傾向があるので、恋愛が全てになってしまったり常に恋人と一緒にいないと気が済まなかったりするタイプの女性は要注意。


仲が深まっていくにつれて男性の色んなことを知って、干渉したくなる気持ちも強くなるでしょう。


しかし、そこでズカズカと入りこむと男性は引いてしまいます。


適度な距離感は保つようにすると、「自分と合うな」と感じてもらえるかもしれません。


ライフスタイルが近い


ライフスタイルがまったく合わない相手とは、そもそも付き合っていくことも難しいですよね。


たとえば、アウトドア派とインドア派、夜型人間と朝型人間など。


そのような部分のスタイルが違いすぎると、相手に合わせる側はどんどん辛くなってしまいます。


それでも交際を続けたい場合は、全てを合わせる必要はありません。


しかし、好きな男性に対しては合わせられる部分は合わせようとすることも大切です。


お互いが譲れるところは譲り合っていくと、良い関係を築いていけるでしょう。


嫌いなものが同じ


「好きなもの」が一緒だと相性が良いと言えますが、実は「嫌いなもの」が一緒だと根本的な考え方が近いのでストレスなく交際ができるでしょう。


「人ごみが苦手」「部屋が散らかっているのが許せない」など、嫌いなものが同じであればお互いにストレスも溜めにくいです。


嫌いなものを「好き」に変えるのはなかなか難しいですよね。


好きなものが一緒ということも大切ですが、嫌いなものが一緒である女性とはさらに「居心地がいい」と男性も感じるでしょう。


苦手なことを補い合える


お互いの苦手なことを補い合える2人というのは、まさに理想のカップルの形であると言えるでしょう。


どちらか一方が頼りすぎるのは重荷になり、何も助け合わないのでは絆は深まっていきません。


足りない部分をお互いがフォローし合えるようになったら、自然と欠かすことのできない存在にもなっていきます。


男性が苦手としていることはさりげなくサポートをして、あなたが苦手なことはサポートしてもらえるような関係を目指していきましょう。


自分にぴったりの男性と付き合おう


ただ「好き」という思いだけでは、なかなかうまくいかないこともあります。


「この子とは合う」と自然に感じられる人こそ、男性が最終的に選ぶ女性とも言えるでしょう。


(山田周平/ライター)


(愛カツ編集部)



カテゴリ