広瀬アリスの“静かな凄み”に引き込まれる『地獄の花園』場面写真

広瀬アリスの“静かな凄み”に引き込まれる『地獄の花園』場面写真

 お笑い界の鬼才、向田邦子賞・ギャラクシー受賞のバカリズムによるオリジナル脚本の映画『地獄の花園』(5月21日公開)で、広瀬アリスが演じるカリスマヤンキーOL・蘭の場面写真2点が解禁された。自分の目の前に来た拳を片手で止め、余裕の表情を浮かべる広瀬の“静かな凄み”に引き込まれる。



【もう1枚】スカジャンを着こなし、相手を睨みつける広瀬アリス



 本作は、真面目に働き、日本の経済を支える日本のOLたちが、実は裏で地獄のような派閥争いを繰り広げ、日々喧嘩に明け暮れているという突飛で壮大なストーリー。バカリズムによって発想された、地獄のような花園の世界を、唯一無二の映像美で表現するのは、Perfume、サカナクション、星野源のMVを手掛けるMV界の巨匠・関和亮監督。



 普通のOLライフに憧れる主人公・直子に、女優・永野芽郁。カリスマヤンキーOL・蘭役の広瀬のほか、OLたちを牛耳る“悪魔の朱里”役に菜々緒、さらに、川栄李奈、森三中 大島美幸、遠藤憲一、勝村政信、丸山智己、小池栄子らが出演する。



 広瀬演じる蘭は、直子が勤める会社に、中途採用されたOL。「普通のOL生活」に憧れる直子とは対照的な蘭だが、お昼休憩には、一緒にカフェに行きOLトークに花を咲かせ、会社帰りも「ねえ、ちょっとルミネ寄ってかない?」と話しながら一緒に帰るなど、次第に直子と友情を育んでいく。しかし、直子の会社が、全国のOLのから狙われるきっかけとなるのが、この蘭なのだ。



 そんな蘭は、ほかのヤンキーを圧倒する“カリスマ性”と“強さ”を持ち合わせており、彼女のトレードマークである虎と竜が刺繍されたスカジャンを着こなし、「かかって来いコラァァ!!!」と言わんばかりの鋭い眼差しで相手を睨み付ける。



 広瀬は、これまでも『氷菓』(2017年)でセーラー服に身を包んだ好奇心旺盛な女子高校生、『新宿スワンII』(17年)ではピュアなキャバ嬢、『AI崩壊』(20年)では新米刑事など、幅広い役に挑戦してきたが、本作では、その中でも特段クセの強い“カリスマヤンキーOL”という新境地に挑み、自身と“ある意味”ギャップのある役柄を演じきっている。
カテゴリ