ストレス過多な時期の「会社行きたくない」気持ちがラクになる書籍発売

ストレス過多な時期の「会社行きたくない」気持ちがラクになる書籍発売


五月病、コロナ第4波…ストレス過多な時期に、「会社行きたくない」気持ちになってしまう人も少なくないのでは。そんな心労をラクにする書籍『「会社行きたくない」気持ちがゆるゆるほどける本』(著者:加藤隆行)が小学館クリエイティブより登場。4月23日(金)より発売中だ。

ストレスフルな日々の悩みを解きほぐす



4月に入社・転職・異動などで新生活がスタートし、大型連休でひと息ついた直後は、緊張の糸が切れる時期。いわゆる「五月病」で心や体に不調を感じる人も増えてくる。そうでなくとも、新型コロナウイルスの感染拡大が第4波を迎えている現在は、プライベートでの気晴らしも難しく、これまでになかった心労も増えているのが現状だ。

同書は、こうしたストレス社会で「会社行きたくない」「働きたくない」と憂うつを感じている人たちのリアルな悩みを、元サラリーマンの心理カウンセラーが解きほぐしていく一冊だ。

「人間関係」にフォーカス



会社や仕事のストレスは、原因の大半が「人間関係」といわれている。最近はテレワークも加わってコミュニケーションの質が変わり、便利なことも多い反面、人間関係の機微はより複雑化している。


そんななかでも、著者は「自己肯定感」を育てることで、めんどくさい上司、ややこしい部下、さらにはどうしようもない自分自身との関係は良好にできると説く。

著者厳選の「会社の悩み」を収録


同書では、“どうしても頼まれる仕事を断れない”“テレワークで意思疎通がうまくいかない”“常に不機嫌で威圧的な上司のパワハラが怖い”“上司がクライアントの言いなりで困ることばかり”…など、「会社あるある」ともいえる人間関係のお悩み60個を著者が厳選。


イラストとともに紹介したうえで、ケースに応じた具体的なアドバイスを紹介している。


著者の加藤隆行氏は、“どの悩みも考え方(=ココロのクセ)を少し変えてみるだけで、心はずっとラクになる”、そして“自分との人間関係がいい人は、他者との人間関係もよくなる”と語っている。

『「会社行きたくない」気持ちがゆるゆるほどける本』の価格は1,540円(税込)。

連休明けに「会社行きたくない」気持ちになった際のおまもりとして、この一冊をそばに置いてみては。
カテゴリ