「男心が知りたい!」、男性がLINEをめんどうだと思う理由とは

「男心が知りたい!」、男性がLINEをめんどうだと思う理由とは

私たちの生活のなかで、今では当たり前のように使われているのがLINE。


いつでもチャットや電話ができますし、スタンプを使えば会話も盛り上がることでしょう。


スタンプだけを女性どうしでよく送り合ったりして楽しんでいる、という人も多いはず。


しかし男性のなかには、LINEがめんどうだと思う人もいるんだとか。


「男性がLINEをめんどうだと思う理由」、次のページから紹介していきます。



チャットをあまり楽しめない


何を話せばよいかよくわかっておらず、あまりメッセージのやり取りが得意ではない。


このように思って、チャットを楽しめないという男性もいるようです。


メッセージで伝えるのは「ありがとう」「了解」「よろしく」のようにシンプルなものばかり。


スタンプも使わないし絵文字も使わないなど、非常に質素な文面が特徴です。


「こんなふうに返信したら会話が盛り上がるかも」ということまで、あまり考えていないのかもしれません。


でもそういうことって、もしかすると男性にとっては普通なのかも。


逆に積極的にLINEを楽しんでいる、スタンプや絵文字が大好き、という男性のほうが珍しいのかもしれないですよね。


恋人とのLINEであってもあまり楽しめず、シンプルなやり取りばかりする。


そういう男性がいるということを、意識しておくとよいでしょう。


「既読」表示がめんどう


「既読」表示がめんどう


LINEって、相手が自分の送ったメッセージを確認すると「既読」表示がつきますよね。


相手がしっかりと自分のメッセージを見たかどうかがわかる便利な機能です。


この表示がされてしまうことを、めんどうだと思う男性もいるんだとか。


「既読になったのに返信が遅い!」と怒られることや「既読になったのになんで返信がないんだろう」と相手に心配をかけることを、避けたいと思っているのでしょう。


そもそも男性は、そんなに頻繁に携帯を開いたりLINEを見たりする人が少ないのかもしれません。


たとえ恋人からメッセージがきても読んだら終わり、という男性もいるはずです。


やり取りが嫌いというほどではなく「既読」表示のせいでやり取りがしづらい、と思っている男性は多いでしょう。


既読になっても男性から返信がこない場合は、「わかってくれたんだな」「疲れているのかも」とそっとしておくこともたまには大切です。


LINEに対する考え方は人それぞれ


私たちはLINEに、毎日どれだけの時間を費やしているのでしょうか。


会社、友達、恋人をはじめ多くの人とやり取りをすることが当たり前になっています。


しかしそのやり取りで、時間をかけて文面を考えたい、相手を楽しませたいと思うかどうかは人それぞれ。


LINEに対する人の考え方は、必ずしも自分とは同じではないと思っておくとよいかもしれません。


その気持ちが、まわりの人や男性を理解することにもつながっていくはずです。


(松本ミゾレ/ライター)


(愛カツ編集部)



カテゴリ