柳楽優弥×有村架純×三浦春馬、時代に翻ろうされる3人の青春 『映画 太陽の子』場面写真

柳楽優弥×有村架純×三浦春馬、時代に翻ろうされる3人の青春 『映画 太陽の子』場面写真

 柳楽優弥、有村架純、三浦春馬の共演で、”日本の原爆開発”を背景に、時代に翻弄されながらも全力で駆け抜けた3人の若者の決意と揺れる想いを描いた300日の青春群像劇『映画 太陽の子』(8月6日公開)。極秘任務に携わる科学者・修を柳楽、修とその弟がほのかな想いを寄せる幼なじみの世津を有村、修の弟で戦地で心に傷を負った軍人・裕之を三浦が演じる。



【写真】家族に笑顔を見せながらも葛藤する裕之を演じた三浦さん



 本作は、2020年8月にNHKで放送されたパイロット版と言うべきドラマ版とは異なる視点と結末が加わった、物語の完結編。太平洋戦争末期に実際に海軍からの密命を受け京都帝国大学・物理学研究室が行っていた「F研究」と呼ばれる新型爆弾開発の事実を基にしたフィクションで、時代に翻ろうされ、それぞれの葛藤や想いを抱え全力で生きた若者たちの、等身大の姿を描く。



 このたび、本作の場面写真9点が解禁となった。戦争が終わった先にある人生を考えている世津に背中を押され、「いっぱい未来の話、しよう」と3人で手を取り合うカット(1)からは、戦下の中前向きに生きる3人の強い決意と絆を感じさせる。



 また、原子核爆弾の開発という極秘任務に携わる科学者・修が、一科学者として目の前の研究に没頭し、黒板をはみ出してガラス戸にまで数式を書き連ねる姿は、“実験バカ”と周りから言われている彼の個性を垣間見ることができるカット(2)。



 戦地から戻ってきて笑顔を見せる裕之(3)、海辺で修と裕之を抱きしめる世津の姿(5)、教授を囲み実験に臨んでいる研究室の様子(5)、戦地へと向かう息子の頬に優しく触れる母・フミ(田中裕子)の切ない表情(6)など、時代に翻弄されながらも毎日を生きている修たちの、さまざまな表情と揺れ動く気持ちが、写真からも伝わってくる。
カテゴリ