“マイキー”吉沢亮&“ドラケン”山田裕貴 物怖じしない姿、エモーショナルな場面も解禁

“マイキー”吉沢亮&“ドラケン”山田裕貴 物怖じしない姿、エモーショナルな場面も解禁

 俳優の北村匠海が主演を務める映画『東京リベンジャーズ』(7月9日公開)の場面写真が30日、解禁になった。



【別カット】北村匠海に優しい目線を送る今田美桜



 原作は、和久井健氏による人気漫画。主人公のタケミチ(北村)は、ヤンキーだったころに付き合った彼女・橘ヒナタとその弟・ナオトが関東最凶の組織“東京卍會”に殺されたことをニュースで知る。事件を知った翌日、駅のホームにいたタケミチは何者かに背中を押され線路に転落―。死を覚悟したタケミチだったが10年前にタイムスリップする。そこでナオト(杉野遥亮)に遭遇し「10年後ヒナタは殺される」と伝えたことで未来が変化。逃げ続けた人生を変えるため、最凶不良軍団に挑む彼らの挑戦が描かれる。



 解禁されたのは、マイキー(吉沢亮)、ドラケン(山田裕貴)ら東京卍會メンバーが校舎の中で敵対する相手を前にしてまったく物怖じしない姿や、土手を自転車で走るエモーショナルな場面。



 ほかにも、タケミチやアッくん(磯村勇斗)ら同級生5人組“溝校五人衆”、ヒナタ(今田美桜)がタケミチのほほに手を添えるかわいらしい場面、ヒナタの弟・ナオトと現代で話し合うシーン、キヨマサ(鈴木伸之)とタケミチがにらみ合う場面、愛美愛主(メビウス)の稀咲鉄太(間宮祥太朗)、半間修二(清水尋也)が、スロットの並ぶあやしげな空間で密談しているような場面も公開された。
カテゴリ