「俺にはこの子しかいない!」と実感したエピソード3選

「俺にはこの子しかいない!」と実感したエピソード3選

彼氏から、「俺には君しかいない!」と思われたら、幸せですよね。


ではどうすれば、彼にとってかけがえのない存在になれるのでしょうか?


そこで今回は、男性陣の体験談を元に唯一無二の彼女だと感じたポイントをご紹介します。




食べたいものが一緒だったとき


「食の好みが合う子とは、将来のことも考えてしまいますよね。この前も、デートの帰り道におなかが空いたので、どこで食べて帰ろうかと迷っていたときでした。


すると彼女がすかさず、『駅前にできた天ぷら屋に行こうよ!』と言ってくれたんです。ぼくもちょうどその店が気になっていたので、テンションがあがりましたよ。


ここぞというタイミングで、彼女に食べたいものがわかってもらえると、『やっぱり一緒にいるならこの子だよな~』と思ってしまいます」(28歳・男性・会社員)


行きたいお店やデート先でも、もちろんそう。


彼の食の好みがわかれば、彼もずっと一緒にいたくなるはずです。


そのためにも、ふだんからふたりで外食したり、彼に手料理をふるまったりするといいかもしれませんね!


「好き」の気持ちが通じ合ったとき


「花が綺麗な公園で、彼女と散歩デートを楽しんでいたときのことです。突然、彼女がしゃがんみこんでうれしそうに花を眺めたので、思わずかわいいな~と見とれてしまいました。


するといきなり、彼女がほっぺにチュッとキスをしてくれたんです。その瞬間、お互いの気持ちが通じ合った気がして、俺にはこの子しかいないと思いましたね。」(23歳・男性・飲食店勤務)


言葉にしなくても伝わるような関係は、男性にとって愛を感じる瞬間なのかもしれません。


今、彼がしてほしいことを見抜いて、サッとアクションを起こせるなら、彼の特別な存在になれるはずです。



一緒にいてメリットを感じるとき


「言い方は悪いですが、彼女を選んだ理由は、やっぱり一緒にいてメリットを感じるからです。ぼくが言うのもなんですけど、彼女は、ホントによく気が利く子だと思います。


たとえば、ぼくが風邪を引いて寝込んでいたら、彼女は『薬持って行こうか?』と心配してくれますし、『最近外食ばっかりなんだ』と言えば、疲れていても手料理をふるまってくれます。そういうの、いいですよね」(29歳・男性・保険会社勤務)


好きになるのに理由はないかもしれませんが、好きだからこそ、ずっと一緒にいたい理由が生まれるのでしょう。


こういったタイプの男性には、「こんなの、○○くんにだけだよ」や、「○○くんだからやってあげたいの!」などと言えば、イチコロでノックアウトするかもしれませんね。


普段の積み重ねを大切に


「この子しかいない」と彼に思わせるのも、結局は普段の積み重ね。


一緒にいる時間を楽しみながら、彼のことを良く知り、もっともっと仲良くなろうとする。


そんな、意識が大切なのかもしれません。


そうすれば、彼も「この子しかいない」と思ってくれるでしょう。


(橘 遥祐/ライター)


(愛カツ編集部)



カテゴリ