「別れ話はちょっと…」彼氏が自然消滅を考える理由とは

「別れ話はちょっと…」彼氏が自然消滅を考える理由とは

好き同士で付き合ったはずなのに、気づいたら心の距離ができていて「自然消滅した」なんてケース。耳にすることがあると思います。


でも相手への愛が薄れてしまったのなら、きちんとお別れすればいいはず。


それなのに男性はなぜ、自然消滅による破局を視考えてしまうのでしょうか。男性に本音を伺いました。



いまの関係をキープしつつ距離を取りたい


「正直、僕は別れたいとは思ってないんだけど、僕の仕事が忙しいこともあって、彼女と会うと必ずケンカになるんですよ。


『距離を置こう』と言ったこともあるけど『別れたいってこと?』と誤解されたので……。しばらくそのままにしておきたい」(29歳・男性)


別れる大きなきっかけがないため、別れを切り出すことはできないし、彼女を手放すのもなんとなく惜しい。そもそも話し合う気力もない、なんてこともあるでしょう。


連絡を控えたり愛情表現をしなくなったりするため、女性側からすれば「このままほっといてなんとなく別れたいってことでしょ?」と自然消滅狙いに見えてしまうのかもしれません。


距離を取りたいと思っても、正面から言うと傷つけてしまうとわかっているから、適度に連絡頻度を低くするなどして距離を取るのだと思います。


まだ彼に「別れよう」と言われていなくても、様子がおかしいと思ったら一度しっかり話し合いをするのをおすすめします。


悪者になりたくないから


「別れ話って気が重いです。気持ちが冷めてしまったほうが悪者っぽいですもんね。泣かれたり『なんで?』って聞かれても答えられることもないし……」(28歳・男性)


彼は少し前から考えていたかもしれませんが、やっぱり別れ話を切り出されると「なんで急にこんなこと言うの?」とびっくりしますよね。


相手を傷つけたくない上に自分も悪者になりたいわけではないため、ちゃんと別れ話をするのではなく、時間に解決してもらおうと思うのかも。


「連絡しなくなれば、彼女も察してくれるだろう」「このまま冷めてくれないかな」という気持ちから、自然消滅を狙っているのかもしれません。


女性が必死に止めにかかるのがわかっている経験者の場合もあるので、あえてトラブルを避けるためにこのような行動を取るのかも。


彼女と終わった気でいるから


彼女と終わった気でいるから


「好きな子ができて、なんかうまくいきそうなんですよ。まだ付き合おうって話にはなってないけど……。でも彼女のほうも連絡してこないし、別に僕のことなんて気にしてないんじゃないの?自然に終わるのが一番平和です」(25歳・男性)


次の恋に夢中になって、彼女のことを忘れてしまっているケースもあります。彼がこのパターンでないことを祈りたいですね。


付き合っていると言っても、マンネリ状態やデートの約束もしばらくないとき。そんな状態に甘えて、勝手に「自然消滅した」と認識しているのかも。


もし彼が匂わせるような発言をしていたら、きちんと今の恋を終わらせるためにも「私はもうあなたの彼女じゃないの?」と聞いてみるのがいいかもしれません。


いつの間に乗り換えていて自然消滅しているのにも気づかないのだとすると、恋愛するのがトラウマになってしまうと思いますから。つらいですが、気持ちにけりをつけることも大切です。


彼が曖昧な態度を取るのは…


自然消滅を考え始めるのは、あなたとのコミュニケーション不足や愛情表現不足からきているかもしれません。


お互いのことを思っていれば、自然消滅なんて考えないはず。たとえお別れすることになってもきちんと話題を切り出すはずです。


彼の気持ちが離れかけているかもと気づいたら、いつもよりイチャイチャしてみたりマンネリ解消デートをしてみたり、うまく別れを回避してみて。


彼が曖昧な態度を取らないように、あなたからも行動してみましょう。


(中野亜希/ライター)


(愛カツ編集部)



カテゴリ