立川志らく「そこに間違いなくSMAPは存在していた」稲垣・草なぎ・香取と初共演に感慨

立川志らく「そこに間違いなくSMAPは存在していた」稲垣・草なぎ・香取と初共演に感慨

 落語家の立川志らくが2日、自身のツイッターを更新。稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾の3人によるABEMAレギュラー番組『7.2 新しい別の窓#38』の生出演を終えた直後で、感想をつづった。



【動画】立川志らくの質問に稲垣・香取が本音を語る



 志らくはオープニングトークで、SMAPの解散が話題になっていた時期を振り返り「なんでSMAP、日本の宝を大事にしないんだ」と感じていたことを語りだすと、「例えばビートルズの話題になったとき、『ビートルズって解散してるでしょ』なんて、わざわざ言わない。SMAPも同じだと思うんですよ」とSMAPについて分析。「SMAPはジャニーズに帰属していたんだけど、SMAPって存在がジャニーズを超えて大きくなってしまった。そのくらい存在が大きくなってしまった」と持論を展開した。



 その後も師匠の立川談志さんがSMAPについて語っていたエピソードや、3人の映画の感想など熱いトークを1時間以上にわたって語り合った。



 出演を終えた志らくはツイッターで「ななにー本音トーク、楽しかった。そこに間違いなくSMAPは存在していた。SMAPに存在している彼らが今度は自分自身に帰属しようともがいている。談志が彼らは表現者としてちゃんとしていると言った事が正しかった事をこの目で確認出来た」と感慨たっぷりにつづり、「ちょっと喋りすぎちゃったかな。反省」と振り返った。



 ファンからは「泣きながら観てました。愛を感じました」「帰属論の話、すごくしっくり来ました!」「色々お話ししてくださり、SMAPへの想いも伝えてくださり、本当にありがとうございました!」「志らくさんの目がキラキラしてて素敵でした」など、感謝の声が多数寄せられている。
カテゴリ