芳根京子が見せる“母親の顔” 注目の子役・鈴木咲とのオフショットも

芳根京子が見せる“母親の顔” 注目の子役・鈴木咲とのオフショットも

 女優の芳根京子が主演する映画『Arc アーク』(6月25日公開)より、新しい場面写真やオフショットが解禁された。子どもの成長を祈る端午の節句である5月5日にちなみ、不老不死が現実となった世界で、見た目は30歳のままではあるが、実際は89歳のリナ(芳根)と、彼女の5歳に成長した娘・ハル(鈴木咲)との日常を切り取った微笑ましい母娘の姿を見ることができる。



【写真】そのほかの場面写真やオフショット



 天才科学者で、リナの最愛の人でもある天音(岡田将生)が開発した<ストップエイジング>による不老不死の技術によって、永遠の若さを手にしたリナ。彼女は84歳にして天音との子どもの出産を決意していた…。今回解禁された場面写真では、リナがベッドに横たわり愛情あふれる眼差しでハルの健やかな成長を喜び包み込むように見つめるシーンや、母娘で手をつないで海岸沿いを散歩をしているシーン。どれにもハルのとびきりの笑顔があり、すくすくと愛情いっぱいに育っていることが伝わる。また、若い見た目とは裏腹に、とても穏やかで落ち着いた雰囲気のリナからは89年の人生経験の豊かさが感じられ、芳根の”演じ分け”にも期待が膨らむ。



 さらに、オフショットも解禁。撮影以外の時間もなるべく一緒の時間を過ごし母娘としての関係を深めていったという芳根とハルを演じた鈴木の2人。オフの瞬間もすっかり母親の顔つきの芳根は、「のびのびとしているハルを見ていると、私もこれでいいんだと思えました。ハルがいてくれて母親になったリナを演じ切ることができました!」と役作りのヒントを与えてくれた存在であることを明かしている。



■いま話題の子役・鈴木咲にも注目!



 5歳の娘・ハルを演じるのは、綾瀬はるかと共演するユニクロのテレビCMで「可愛すぎる天使!」と話題となり、日本テレビの情報番組『スッキリ』でも取り上げられるほどの注目を集めている鈴木咲。先に演技の仕事をしていた姉に憧れて3歳から活動を始め、これまで数々のCMに出演。昨年、『監察医 朝顔』(フジテレビ)にて主人公・朝顔の幼少期の写真という形でドラマデューを果たし、今年は本作以外にも『君と世界が終わる日に』(日本テレビ)のさくら役や5月公開の『いのちの停車場』には吉永小百合の幼少期役で出演している。



 本作では、日本を代表する名優・小林薫を前にしても、物怖じせずとてもリラックスした表情で演技をこなし、堂々とした風格すら感じさせた。今回解禁されたオフショットでは、鈴木を目にして思わず笑みがあふれる小林の姿も。彼女の自然体の演技にも注目だ。



 原作は21世紀を代表するSF作家ケン・リュウの傑作短編小説「円弧(ルビ:アーク)」(ハヤカワ文庫)。原作の息をのむほど斬新な不老不死のシチュエーションと、行間に流れる死生観を引き継ぎながら、『愚行録』『蜜蜂と遠雷』で国内外より注目される石川慶監督が映像化。リナに扮する芳根は、一人の女性の17歳から100歳以上を生き抜くという、キャリア史上最難関の役どころを繊細かつ大胆に演じきった。人類にとって全てが初めてとなる不老不死の世界を描いた、驚嘆と不思議(=センスオブワンダー)に彩られた壮大なるエンターテインメント作品。
カテゴリ