男性との関係性で違う?LINEを既読スルーしたほうがいいタイミング

男性との関係性で違う?LINEを既読スルーしたほうがいいタイミング

交際中の彼や、気になる男性にLINEを既読スルーされたら悲しいですよね。


その経験から、好きな男性には丁寧なLINEを返したいし、自分の既読でLINEが終わるのが申し訳なく感じることもあるかと思います。


しかし好きな男性のLINEも、ときには既読スルーしたほうがいいケースもあるのです。


それは、いったいどんなときか、男性の意見を聞いてみました。




知り合ったばかりなら「会話の盛り上がりのピークの少しあと」


「直接会わなくても、女子としばらくLINEすると気が済んでしまう。いつまでもダラダラLINEを続けるのは苦手かも」(25歳・男性)


男性には「LINEで人との仲を深める」的な考えがあまりありません。むしろ、LINEだけでダラダラ会話していると、デートする必要を感じなくなることも。


いつでも即レス気味にLINEがかえってきて、いつまでも返信がある女子のことを「ヒマな子」と思ってしまう傾向もあります。


盛り上がっているLINEを無理に止める必要はありません。


しかし、「もう少し話していたい」と名残惜しく感じるタイミングで既読スルーしてみると「今度は直接会おうよ」と言われる確率が上がるでしょう。


いつもLINEする仲になったら「スタンプ一個の返信が来たとき」


「ある程度仲良くなったらわかってほしい空気感がある。スタンプ一個だけの返信は『今日はそろそろ』のサイン。自分の時間に戻りたいんです。そこから粘って返信し続けてくる子は、ちょっと面倒だなと思ってしまう」(26歳・男性)


男性同士は、LINEでわざわざ会話を締めたり「きょうはそろそろ」と言いあう習慣はありません。「既読=了解」のノリであることも。


ただし、それが女子に不評なのは、男性もわかっています。そこで彼らが採用するのは「スタンプ一個の返信」なんです。


これ、多くの場合、「もうそろそろ返信しなくてかな?」の合図です。そのまま既読スルーでOK。


そのほうが「あの子のLINEはラクで楽しい」と思われるでしょう。



付き合い始めたら「気のない返事が返ってきたとき」


付き合い始めたら「気のない返事が返ってきたとき」


「彼女とLINEで他愛もない話題のときに『そうなんだ』『うん』的なあいづちしか返しようがないときがある。そこで『話聞いてる?』『どうでもの?』とキレられると、彼女が相手でもちょっと嫌かも……。


彼女を不安にさせないよう、LINEはマメにするようにしているけど、『いつもLINEを楽しむ』ことを求められちゃうとつらい。ノリが悪いと感じたら、放っておいてほしいです」(28歳・男性)


好きな人が彼氏になって、毎日LINEできる幸せをかみしめている人も多いはず。


付き合いだすと「かまってくれるのが当たり前」になってしまいがちですが、毎日のLINEを「しんどい」と感じる男性もいます。


一言だけのレスなど、気のない返事になってきたら引き際です。


いったん既読スルーして、翌日また仕切り直したほうが、いつまでも仲のいい二人でいられるでしょう。


男性はLINEを気にしてない?


そうはいっても「既読スルーされると何となく落ち込む」女性も少なくない中、「ホントに既読スルーしてもいいの?」と思うかもしれません。


でも、男性からは「気にしない」という声が聞かれます。


今回は主に会話の途中での既読スルーに触れましたが、「雑談LINEなら、既読さえつけば特に気にしない」という人も多かったです。


自分サイドの既読で終わらせておけば、また好きなタイミングで会話をスタートさせるのも簡単というメリットもありますよ。


(中野亜希/ライター)


(愛カツ編集部)



カテゴリ