国際政治学者・三浦瑠麗『ベストマザー賞』を受賞「私がもらっていいのかな?」

国際政治学者・三浦瑠麗『ベストマザー賞』を受賞「私がもらっていいのかな?」

 国際政治学者・三浦瑠麗(40)が、育児をしながら各分野で活躍する女性を表彰する『第13回ベストマザー賞2021』(主催・日本マザーズ協会)の「政治部門」に選出され6日、都内で行われた授賞式に出席した。



【集合ショット】潮田玲子、篠田麻里子、蛯原友里ら受賞者が豪華登場!



 そのほか、「スポーツ部門」を元バドミントン日本代表・潮田玲子(37)、「芸能部門」をタレント・篠田麻里子(35)、「文化部門」をモデル・蛯原友里(41)、「芸術部門」を写真家・蜷川実花(48)、「特別部門」を家政婦・タサン志麻(42)が受賞した。



 9歳長女を持つ三浦は「この度は受賞させて頂き、本当にありがとうございます」と笑顔で喜ぶと「『私がもらっていいのかな?』というのが最初の感想でした。ちょうど私の子どもがお腹にいたときに、東日本大震災が起きまして、今年で10歳になります」としみじみ振り返った。



 一方で今回の受賞について「子煩悩で(我が子が)世界一かわいいと思っておりますが、コロナ禍でたくさんの子どもが、自由に遊べなかったり、学びが遅れてしまったり、ひょっとすると家庭の中で苦しんでいるかもしれない。そんなときに自分の子供のように衣食住がそろって、ポンコツな母親ですが、それなりにかわいがってくれる。その子たちだけにスポットライトを当てていいものか、気にもしています」と複雑な胸の内を吐露する一幕も。



 それでも前を向き「ただそんな気持ちに日々引き裂かれながらも、目の前の子を全力で愛すること、そして私の子どもも人を愛するように育ってほしいなと思いながら、誠に恐縮ですが、お受けさせていただきます」と話し、スピーチを締めていた。
カテゴリ