小野賢章、驚きの“歯の弱さ” 治療にまつわる不満に三村マサカズが深く共感

小野賢章、驚きの“歯の弱さ” 治療にまつわる不満に三村マサカズが深く共感

 声優の小野賢章が7日放送のフジテレビ系バラエティー『人志松本の酒のツマミになる話』(後9:58)に出演。MCのダウンタウン・松本人志とさまぁ~ず(大竹一樹、三村マサカズ)、ゲストの高橋愛、出川哲朗、三浦瑠麗氏とともに“お酒の席が盛り上がれば何をしゃべってもOK”というルールのもと、普段言えないような悩みや失敗談、心に秘めた本音を語り合う。



【番組カット】小野賢章に深く共感する三村マサカズ



 小野は「僕、歯が弱いんですけど…」と切り出すと、虫歯になりやすく「ある好物を食べた時には歯が欠けてしまった」と告白。一同が驚きの声を上げる中、歯の治療にまつわるちょっとした不満を打ち明ける。これに三村は「わかります」と深く共感し、そこから“歯医者さんあるある”のトークが盛り上がる。



 そんな中、出川は「俺はちょっと下手な歯医者さんの方が助かるんです」と言うと、松本は「えー! なにそれ?」と驚く。そこには芸人ならではの事情があるようで、理由を聞いた一同は大笑いする。そのほかにも、三浦氏が考える“悪口の境界線”や、娘を持つ父親である三村が心に決めていることなどの話題も飛び出す。
カテゴリ