GENERATIONS、『泣くな研修医』出演権かけオーディション インパクト残すためメンバーが大暴走

GENERATIONS、『泣くな研修医』出演権かけオーディション インパクト残すためメンバーが大暴走

 7人組ダンス&ボーカルグループ・GENERATIONS from EXILE TRIBEによる、AbemaTVのレギュラー番組『GENERATIONS高校TV』(毎週日曜 後9:00)が9日、配信される。



【番組カット】GENERATIONSの演技をジャッジする恒松祐里



 今回は、リーダーの白濱亜嵐が主演するテレビ朝日系土曜ナイトドラマ『泣くな研修医』(毎週土曜 後11:00~11:30)とのコラボレーション企画として、最終回への出演権をかけた特別オーディションを開催。メンバーたちが、たった1枠の出演権をかけたオーディションに挑戦する。



 オープニングトークでは、MCを務める小森隼からオーディションの趣旨を聞いた佐野玲於が「だから全員出せって!(笑)」とツッコみ。前回、ドラマ『M 愛すべき人がいて』の最終回に出演するメンバーを決めるために行われたオーディション企画で、ドッキリのターゲットになってしまった中務裕太は「もうええて…」と苦笑い。



 しかし、小森が「今日三浦翔平さんはいないです。今回ドッキリという類はないので」と説明すると、中務は「これもドッキリだったらホンマに東京湾に沈めますからね!」とピシャリ。どうしても信用できない関口メンディーは「本当に!? ドッキリあっても“やる”って言わないでしょ」と指摘するが、小森が今回はどんな役どころなのか決まっていると伝えると、片寄涼太は「じゃあ今回は結構ちゃんとしたオーディションだね」と納得の表情を見せる。



 こうして、『泣くな研修医』のプロデューサーを務める服部宣之氏と、研修医“中園くるみ”役で出演する女優の恒松祐里が審査員となりオーディションを開始。メンバーたちはそれぞれ思い思いの役柄になりきるが、役を勝ち取るためインパクトを残そうと大暴走。前回に増しておふざけが止まらないメンバーたちの中で、見事出演権を勝ち取るのは誰なのか。なお番組内では、ある超大物芸能人がドッキリ仕掛け人としてサプライズ出演する。
カテゴリ