永島優美、宮司愛海らフジのアナウンサー軍団 『ものまね紅白』でNiziUメドレー披露

永島優美、宮司愛海らフジのアナウンサー軍団 『ものまね紅白』でNiziUメドレー披露

 8日放送のフジテレビ系バラエティー特番『爆笑そっくりものまね紅白歌合戦スペシャル』(後9:00)では、「アイドルグループ対決」パートに同局の永島優美アナを中心に宮司愛海アナ、堤礼実アナ、藤本万梨乃アナ、佐久間みなみアナが出演し、NiziUのメドレーを披露する。



【番組カット】ものまねキンプリ軍団も登場



 司会は今田耕司と東野幸治が担当し、審査員として、尾上右近、鷲見玲奈、高橋ひかる、玉井詩織(ももいろクローバーZ)、ゆうたろうが出演。今回は「豪華コラボ対決」「最強新人対決」「昭和・平成名曲対決」など、さまざまなものまね対決の好カードが目白押しで「豪華コラボ対決」では、エハラマサヒロとミラクルひかるが、2016年9月の『ものまね紅白歌合戦』以来、およそ5年ぶりにコラボし「もしも、広瀬香美(ミラクルひかる)のYouTubeに北斗晶(エハラマサヒロ)が出演したら…」という想像ものまねを披露する。



 「最強新人対決」では、オーディションを勝ち抜いた新人が菅田将暉のヒット曲「虹」を完全コピー。番組では、その映像をもって菅田本人に突撃インタビューを敢行、果たして本人からの公認を得ることができるのか。「昭和・平成名曲対決」では、友近が新ネタとなる山口百恵の『さよならの向う側』の歌まねを披露。対するのは、徳永英明の歌まねに定評があり番組初登場となる英明(えいめい)。英明は徳永の『壊れかけのRadio』の歌まねを披露する。



 そのほかにも、霜降り明星がコーナーMCを務める、爆笑ショートネタがオンパレードの「ものまね大好きさん大集合」や、18歳以下学生たちによるものまねバトルが繰り広げられる「ものまね甲子園」、さらには顔だけが激似の厳選された“顔だけそっくりさん”が続々登場する名物企画「顔だけそっくりさんNo.1決定戦」など、見どころ満載となっている。



 収録を終えて、東野は「今回は高校生たちのものまねがありましたけど、ノドをおさえたりして色んなものまねをする学生がいて、初めて見た芸ですし本当に驚きました。新しい10代のものまねスターを見られて楽しかったです」とコメント。今田も「ものまねレジェンドたちに挟まれながらも、センターで頑張ったせいやのものまねが印象に残りました。せいやが、プロ中のプロたちと一緒にものまねをやって、どうなるかとドキドキしましたが本当に頑張っていたので、ぜひご覧いただければと思います」と呼びかけている。
カテゴリ