永野芽郁、10パターンのTシャツコーデ披露 ほとばしる“白T愛”熱弁

永野芽郁、10パターンのTシャツコーデ披露 ほとばしる“白T愛”熱弁

 女優の永野芽郁が、女性ファッション誌『mini』6月号(宝島社)の表紙に登場。Tシャツ特集のモデルとして、さまざまなデザインのTシャツをキュートに着こなした。



【別カット】ダボッとオーバーサイズのTシャツ&スニーカースタイルの永野芽郁



 同号の特集では、豪華モデルによるTシャツコーデ100体を誌面で紹介。読者から人気の高い永野はトップバッターとして、自身も大好きというTシャツをテーマにしたファッションシューティングで、10パターンものTシャツコーデを披露した。



 インタビューでも冒頭から「とにかく白Tばっかり! 何枚必要なんだろうってぐらい白Tを欲してしまう!」とほとばしる“白T愛”を熱弁。そのほか、晴天のもとで行われた今回の撮影の感想やTシャツのコーディネート方法、さらに今ハマっているコスメ、主演映画『地獄の花園』の見どころなどをたっぷりと語っている。



 Tシャツ特集にはそのほか、堀夏喜(FANTASTICS from EXILE TRIBE)、DISH//、神尾楓珠、HKT48、chelmico、yonawo、南沙良、高橋愛、なえなの、きぬ、真夜中の12時など多数のファッショニスタが集結。同誌公式インスタグラム【@mini_tkj】との連動企画として、Tシャツ100コーデがすべてインスタに投稿される。すでに20コーデがアップされ、7・10・11・12日の午後6時ころに20コーデずつ公開予定。



 さらに、この100枚のTシャツを抽選で100人にプレゼントも実施。欲しいTシャツのポストに、自由にコメントを残したら応募完了で、当選者には後日、miniのアカウントからDMが送られる。



 撮影のメイキングの模様も同誌公式YouTubeで公開中。

カテゴリ