TBS『私が女優になる日_』小関裕太&Kaitoが“相手役”で出演

TBS『私が女優になる日_』小関裕太&Kaitoが“相手役”で出演

 全国の10代の女性を対象に、将来ドラマで活躍する女優を発掘・育成することを目的としたTBSの演技バトル番組『私が女優になる日_』(毎週土曜 深0:58)。15日・22日の放送回では、脚本家・徳尾浩司氏が書き下ろしたラブコメディのショートドラマで熱い演技バトルが繰り広げられ、相手役として小関裕太、Kaitoが出演する。



【番組カット】制服姿で…相手役として小関裕太が出演



 同プロジェクトでは最終審査を中心に、審査過程を追う密着番組を制作。最終審査を勝ち抜いた13人は、プロジェクトメンバーとして活動し、女優になるための幅広い育成カリキュラムに参加する。同局ドラマ制作陣が手掛ける連続ドラマへの出演が予定されており、育成期間中の活動を通して適性を審査し、配役が決定する(挑戦するドラマの第1弾は青春群像劇の予定)。



 オーディションは全国の10代女性を対象に行われ、約9000人が応募し、合格者12人を選出。その中から今後の活動等について相談・協議ののち10人がドラマへの出演権をかけて同番組で切磋琢磨している。



 小関とKaitoは、同じ脚本でも相手役となるメンバーに合わせて演技プランを変え、プロジェクトメンバーたちは、それに真正面からぶつかっていく。果たして彼女たちは、二人とどのような掛け合いを見せるのか注目だ。
カテゴリ