マンネリ防止!彼とずっとラブラブでいるコツ4つ

マンネリ防止!彼とずっとラブラブでいるコツ4つ

お付き合い当初は、ラブラブでいちばん楽しい時期といえますよね。


新鮮味がよりいっそう、ふたりの交際を盛り上げているのでしょう。


しかし、新鮮さがなくなってくると、長続きさせるためにはふたりの信頼関係が大事になってきます。


今回は、お付き合いが長くなっても彼とずっとラブラブでいるコツをご紹介!



1.連絡頻度にこだわらない


「付き合いはじめは何回LINEしてても飽きなかったです。でも付き合いが長くなると、『これくらい連絡しなくていいや』ってなることが増えました。


連絡の数にこだわる必要はないと思います。逆に、これくらいがいい距離感だなって。」(31歳女性/SE)


本当に仲がいいカップルほど、連絡やデートの回数にこだわらないもの。


少し寂しさを感じるかもしれませんが、彼氏との交際スタイルが変化したことを楽しみましょう。


連絡の回数にこだわるのではなく、なにを話すかを大事にしてみてくださいね。


2.友達を大切にする


「たとえ彼氏とラブラブでも、友達は同じくらい大切にしてます!彼氏だけを好きすぎると、彼氏となんかあったときに重くなるし。


『本当は会いたいけど、予定があって会えない』くらいのほうが、マンネリしないかもしれない」(21歳女性/大学生)


彼氏のことが好きすぎてつい重くなってしまうのなら、彼氏以外にも信頼できる人を見つけるのがいいでしょう。


さまざまな人と交流を持つことで、彼氏とのデートで使えるお店を知るといったメリットもありますよ。


3.浮気を疑わない


「友達の話ですが、彼氏の浮気を疑って追求しまくってたら、彼氏が本当に浮気してしまったらしいです。


浮気してることを疑うってそもそも相手に失礼だし、疑うより信用したほうが長続きしそう」(26歳女性/介護士)


誰しも、疑いをかけられるのは気持ちがいいものではないですよね。


「自分のことを信じてくれていない」と思えば、寂しく感じるものです。


浮気を疑うくらいなら、自分磨きを頑張ってみること。


そのほうが実り多きものになり、彼氏もさらに愛してくれるはずですよ。


4.デート中にスマホばかり見ない


「せっかく時間を作ってデートしてるのに、スマホばっか見られたら落ち込みます。一緒にいるときはコミュニケーションとりたいし……。


SNSに熱心なのはわかるけど、毎度写真に付き合わされるのも嫌です」(28歳男性/会社員)


自分は相手との時間を楽しみにしていたのに、相手にはその様子が見られないとなると少し寂しくなりますよね。


彼氏と一緒にいる時間にSNSの投稿をしたり、LINEをするのは控えましょう。


相手がまた会いたくなるような、濃い時間を過ごすことが大切ですよ。


お互いを思いやることが重要


彼氏の態度を見て「昔はもっと優しかった」と嘆きたくなる日もあるでしょう。


しかし、そんなときほど自分の振る舞いを振り返ってみて。


彼氏だって、人知れずふたりのマンネリに悩んでいるのかもしれません。


あなたから思いやりを持って接すれば、彼氏も応えてくれるはずですよ。


(東城ゆず/ライター)


(愛カツ編集部)



カテゴリ