「別れたい…」男性が面倒だと感じる彼女の「束縛」

「別れたい…」男性が面倒だと感じる彼女の「束縛」

男性・女性に関わらず、できれば「束縛されたくない」と考えるのが、自然でしょう。


いきすぎた束縛は、彼に「もう嫌だな……」と思われてしまうかも。


そこで今回は、男性が面倒だと感じる彼女の「束縛」をご紹介します。




芸能人を褒めると不機嫌になる


「彼女と一緒にテレビを見ていたときのこと。僕が好きなアイドルが出てきて、ふいに『かわいい』と言ってしまったんです。すると、横にいた彼女が明らかに不機嫌な態度に変貌。


僕がテレビに映ったアイドルに対して『かわいい』と言ったことにすねたらしく、しばらく不穏な空気が2人の間に流れました。ぶっちゃけ、かなり面倒くさいと思ったのは、言うまでもありません」(27歳男性/運送業)


テレビの向こうにいる芸能人に対しての「かわいい」という言葉に他意はありません。


そんな言葉にいちいち反応していると、自分の心を追い詰めてしまう結果につながることも。


一緒に「かわいいよね」と言って楽しめるくらいが、男性にとっても居心地がいいんだということを頭に入れておきましょう。


帰宅連絡を強要する


「昔付き合っていた彼女は、束縛タイプの女性でした。なかでも一番面倒だったのが、帰宅後の『ただいま』連絡が義務づけられていたこと。仕事から帰ったあとだけではありません。


出張先でもホテルに着いたらきちんと帰った報告をしないといけなかったので、だんだんしんどくなってきてしまって僕から別れを告げました。面倒なことが嫌いなので、義務的な連絡を要求されると本当に嫌になるんですよね」(29歳男性/営業)


彼が浮気をしていないか……という不安な気持ちから、帰宅後の連絡を義務づけてしまうのは女性にとって意外とあるある。


しかし、男性にとっては非常に負担となる行動であるということを今一度、認識しなおしましょう。


帰宅後の連絡を義務づけても、浮気防止にはなりません。



女友達と話しただけで怒る


女友達と話しただけで怒る


「先日彼女とデートをしていたときに、たまたま学生時代ゼミが一緒だった子とすれ違ったんです。お互いに目が合って、向こうから『久しぶり!』と声をかけてきたのですが、隣にいる彼女は明らかにイラついた雰囲気に。


声をかけてくれた知り合いに、僕も『おぉ!』くらいしか返事していなかったのですが、同級生のことをにらむような目つきをしていた彼女。そんな行動を取った彼女に対して、嫌悪感が湧きました」(28歳男性/SE)


彼はともかく、なんの悪気もない彼の知り合いに対しても不機嫌さを出してしまうのはNG。


ほかの女性に彼を取られたくないなら、そんなときこそドシっと構えておくのが正しいかわし方なのです。


彼に嫌われるかも…


束縛をしすぎてしまうと、円満だったふたりの関係に亀裂が入ってしまう可能性も十分にあります。


大切な彼を失いたくないなら、彼に対して疑いの目を向けて束縛するのではなく、信じてあげることが重要。


お互い信頼できる関係になることが、長続きの秘訣ですよ。


(愛カツ編集部)



カテゴリ