三遊亭円楽、『笑点』55周年“特別大喜利”で司会 29年ぶりの席替えも実施

三遊亭円楽、『笑点』55周年“特別大喜利”で司会 29年ぶりの席替えも実施

 9日放送の日本テレビ系人気演芸番組『笑点』(毎週日曜 後5:30)で、番組開始55周年特別月間の“特別大喜利”として三遊亭円楽が大喜利の司会をすることがわかった。芸人・AMEMIYAとの演芸からの流れで司会となった円楽は、その特権で29年ぶりの席替えも実施する。



【番組カット】春風亭昇太が久々“回答者”に



 通常司会を務める春風亭昇太は、2018年4月1日のエイプリルフール大喜利で回答者に戻って以来、約3年1ヶ月ぶりの回答者となり、意外にも生き生きとした様子を見せる。普段と違う座席で展開される新たな大喜利にも注目だ。



 15日で開始から満55年を迎える同番組。今月は『特別演芸月間』とし、笑点がらみのネタや、メンバーとのコラボネタで普段とは少し違った展開の演芸を毎週放送する予定。その第1回目となる2日の放送では、山上兄弟&春風亭昇太のコラボマジックを放送したが、今後も注目のラインナップが控える。



 16日にはナイツは『笑点100周年』として登場。23日にはぴろき&三遊亭小遊三が『コラボウクレレ漫談』、30日には坂本頼光は活弁『座布団10枚賞品の歴史』を披露する。また、16日(日)の大喜利では、55周年にふさわしい大物ゲストも登場し、近日発表予定となっている。
カテゴリ