日本初のプロゲーマー・梅原大吾、新型コロナ感染「自宅療養を続けています」

日本初のプロゲーマー・梅原大吾、新型コロナ感染「自宅療養を続けています」

 日本初のプロゲーマーで“ウメハラ”の愛称で知られる梅原大吾が8日、自身のツイッターを更新し、新型コロナウイルスに感染したことを報告した。



【対戦動画】ポケモンカードも強い?世界王者と対戦する梅原大吾



 梅原は「6日、新型コロナウイルス陽性の結果を受けました。5日に高熱と倦怠感などの風邪の症状が出たため、翌日病院で検査をうけたものです。発症してからは外出せず、保健所からの連絡を待ちながら自宅療養を続けています」と報告。



 続けて「関係者やファンの皆さんにご心配おかけしてすみませんが、早く復帰できるように今は療養に専念します」と伝えている。



 梅原は数々のテレビ番組などで「日本初のプロゲーマー」と紹介されており、2010年に「世界で最も長く賞金を稼いでいるプロゲーマー」としてギネスブックに認定されているプロ格闘ゲーマー。多くの格闘ゲーム大会で優勝している。

カテゴリ