良き妻の条件は? 自由であること! フランスの名女優たちが奏でるカラフル&キュートな人生讃歌

良き妻の条件は? 自由であること! フランスの名女優たちが奏でるカラフル&キュートな人生讃歌

 アカデミー賞助演女優賞や世界3大映画祭で女優賞を制覇した大女優ジュリエット・ビノシュ主演最新作『5月の花嫁学校』が、28日よりヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館(以上、東京)ほか全国で公開される。ビノシュ史上最もキュートなコメディーである本作は、1967年、アルザス地方の花嫁学校が舞台の物語。パリから届いた”自由“の風に乗り、先生と生徒たちの革命がはじまる!?



【動画】映画『5月の花嫁学校』予告編



 『セラフィーヌの庭』でセザール賞(フランスのアカデミー賞)主演女優賞を受賞したヨランド・モローと、セザール賞主演女優&助演女優賞に6度もノミネートされているノエミ・ルヴォウスキーとともに繰り広げる名女優たちのパワフルな演技が話題を呼びフランスで初登場1位を獲得した本作。監督は、セザール賞で7部門を制した『セラフィーヌの庭』(08年)や、大女優カトリーヌ・ドヌーブを起用した『ルージュの手紙』(17年)で知られるマルタン・プロヴォが務めた。



 1967年。美しい街並みと葡萄畑で有名なフランスのアルザス地方にあるヴァン・デル・ベック家政学校では、”完璧な主婦”を育成させるため、今年も18人の少女たちが入学した。ある日、校長のポーレット(ジュリエット・ビノシュ)は、経営者である夫の突然の死をきっかけに学校が破産寸前であることを知り、なんとか窮地から抜け出そうと奔走する。



 そんな中、パリで“5月革命”が勃発。フランス全土に抗議運動が広がってゆくのを目の当たりにしたポーレットや生徒たちは、これまでの自分たちの考えに疑問を抱き始め、ある行動に出ることを決意。果たして新生ヴァン・デル・ベック家政学校の運命やいかに!?



 ひと足先に本作の試写を鑑賞した、予約のとれない伝説の家政婦、タサン志麻さんは「今のフランスからは全然想像できないけれど、こうやって戦ってきた女性達がいるからこそ、今があるんだなと思いました。パンツ姿のビノシュがとてもかっこよかったです」。



 『あの子は貴族』の映画化も話題の作家・山内マリコさんは「予定調和を吹き飛ばすラストシーンが爽快! “良き妻”という呪いに疑問を持ち、自由と解放に目覚めたことのある人も、まだの人も、みんなで肩を組んで歌い出したくなる」。



 恋バナ収集ユニット「桃山商事」代表の清田隆之さんは「常識とか伝統とかジェンダーとか、身体に染みついたものを脱ぎ捨て、自分自身を取り戻すことから革命は始まるのだと、強く教わりました」。



 漫画家・コラムニストの辛酸なめ子さんは「古い良妻賢母教育はもはやギャグで笑って観ていたら、後半、感動に包まれてエンパワーメントされました。価値観の変化を体感できて、同じく時代の変わり目の今、必見の作品」と、感想コメントを寄せている。

カテゴリ