伊豆シャボテン動物公園で「ジェフロイクモザル」などの赤ちゃんが続々誕生

伊豆シャボテン動物公園で「ジェフロイクモザル」などの赤ちゃんが続々誕生


伊豆シャボテン動物公園では、動物の赤ちゃんが続々誕生し、天気の良い日には赤ちゃんの愛らしい姿や家族の仲睦まじい様子をみることができる。

ジェフロイクモザル8年ぶりの誕生


4月28日(水)に、2013年以来約8年振りとなるジェフロイクモザルの赤ちゃん1頭が誕生した。同園の「ジェフロイクモザルの島」では、ジェフロイクモザルのオス1頭・メス3頭・今回誕生した赤ちゃん1頭の計5頭を飼育している。母親の「一号」は2度目の出産で、今年8歳になる「ホイ」も同園で出産しているのだそう。


生まれたばかりの赤ちゃんは母親にしっかりとしがみついていて、母親もしっかりと抱いている姿が微笑ましい。

アメリカバク待望の赤ちゃん


4月24日(土)には、アメリカバクが1頭を出産。


母親の「コハル」は、お乳を与えたり、赤ちゃんの身体を舐めてきれいにしたりと、しっかりと子育てに励んでいるという。天気の良い暖かい日には、母親について展示場を歩く姿を見られる機会が多くなるというので楽しみだ。

アカテタマリンには双子の赤ちゃんが誕生


「タッチdeZOO」では、アカテタマリンに双子の赤ちゃんが誕生。今回誕生した赤ちゃんを入れて、全部で8頭の群れで暮らしている。


母親「カグヤ」の授乳以外は、父親である「キフネ」を中心に群れで赤ちゃんの面倒を見ていて、群れ全体で子育てに励んでいる。

カピバラにも2頭の赤ちゃんが



さらに、5月3日(月)には、「アニマルボートツアーズのカピバラ展示場」にて、カピバラの夫婦・父親の「ワカバ」と母親の「チーズ」の間に2頭の赤ちゃんが誕生した。

伊豆シャボテン動物公園で、赤ちゃんの可愛らしい姿や、親子の様子などを見て癒されてみては。

営業時間など、同園の詳細は、ホームページで確認を。

■「伊豆シャボテン動物公園」
住所:静岡県伊東市富戸1317-13
カテゴリ