星野源、若林正恭と“グラサン2ショット” ファンから「和製ブルースブラザーズ」の声

星野源、若林正恭と“グラサン2ショット” ファンから「和製ブルースブラザーズ」の声

 シンガー・ソングライターの星野源が9日、自身の公式ツイッターを更新。年に1回発行するオフィシャル・イヤーブック第5弾『YELLOW MAGAZINE 2020-2021』で対談を行った、オードリー・若林正恭とサングラス姿で撮影した2ショットのモノクロ写真を公開した。



【写真】星野源、若林正恭と“グラサン2ショット”



 『YELLOW MAGAZINE』は、音楽家としての星野源の活動を多角的に切り取り、まとめたオフィシャル・イヤーブック。第5弾はソロデビュー10周年を記念したスペシャルコンテンツが盛りだくさんとなっている。



 星野が激動の2020年を振り返るロングインタビューに加え、毎年恒例の対談企画には、オードリーの若林正恭が登場。40代前半の同世代として、赤裸々な悩みを打ち明けあっている。



 星野は、自身のツイッターで「今年の『YELLOW MAGAZINE』も大ボリューム! ロングインタビューにオードリー・若林正恭さんとの対談などの読みごたえたっぷりな内容に加え、付属のCDには #星野源ANNでのスタジオライブ音源などを収録。“まるごと1冊星野源”なオフィシャル・イヤーブックです!」と伝えている。



 この2ショット写真が掲載される前には、星野が4日深夜放送の『星野源ANN』について自身のツイッターで伝える際に、『オードリーANN』のリスナーの愛称である“リトルトゥースTシャツ”を着用した写真を公開。8日深夜放送の『オードリーANN』の放送後には、公式ツイッターで若林が『YELLOW MAGAZINE』を手に持つ写真が公開されるなど、双方の交流に注目が集まっていた。



 星野と若林の2ショット写真に、SNS上では「早く読みたい」「かっこいい!」「和製ブルースブラザーズですね!」などの声が寄せられている。
カテゴリ