男の本音!彼女からおねだりされるときの、がっかりポイント3つ

男の本音!彼女からおねだりされるときの、がっかりポイント3つ

あなたは、男性に甘えたりおねだりしたりすることに抵抗がありますか。


「わがままに思われたくない」「どこまでおねだりすればいいのか分からない」という理由から、おねだりが苦手な女性な女性がいるのも納得できます。


ですが男性によっては、適度なおねだりをされるのはむしろうれしいことがあるようです。


逆に、男性がおねだりされるときの、がっかりポイントはどこなのでしょうか。


それが分かれば、気軽におねだりできるようにもなるでしょう。




頻度が多すぎる


「おねだりがうれしいかがっかりするかって、その頻度によるよね。会うたびに言われたら、わがままだなって感じる。でもたとえば1か月に1回とか、我慢ができなくて言っちゃったおねだりはすごくかわいいって思うな」(29歳/コンサルティング)


おねだりをするのなら、前回からどれくらいの間が空いているのかにも気をつけましょう。


先週も今週もとおねだりしてしまうと、面倒くさい彼女だと思われかねません。


逆に頑張って我慢したけど無理でしたというおねだりなら、その健気さが好印象を与えるかもしれません。


お金がかかりすぎる


「おねだりっていうと男性に高い物をご馳走してもらうとか、プレゼントしてもらうって考える子がいるけど、それはただの『たかり』だと思います。求めているのは金銭的なところじゃないっていうのが見えれば、おねだりされて嫌な気分にはならないですね」(31歳/教育)


「ちょっと甘えたいな」と思ったときに、あなたはどんなおねだりをしますか。


ブランドバッグを買ってもらうこともありですが、もっと彼との心の距離を縮められることにお金を使ったほうが有意義な場合もあるでしょう。


男性たちはお金を使いたくないと言っている訳ではありません。お金を使って得られる心の満足感があるものをねだられるのなら、かわいいと感じると言っているのでしょう。



男性の状況を考えてくれない


男性の状況を考えてくれない


「おねだりすること自体は悪くないと思うんです。ただこっちが忙しいとか疲れているときに、おねだりを断ると機嫌が悪くなるとかは勘弁してほしいですね。自分勝手に見えてしまいます」(25歳/エンタメ)


たとえばあなたがおねだりをしたとして、彼にそれを叶えられる余裕があるかどうかはわかりません。


彼に金銭、肉体、精神的などれかの余裕がない場合、断られてしまうこともあるでしょう。


そんなときには、素直に引き下がりましょう。そうすることで彼のほうも「次に余裕があるときには応えられるようにしよう」と努力してくれるはずです。


彼に相談してみるのも、あり


おねだりって難しいですよね。自然とできてしまうおねだり上手な女性もいますが、ほとんどの人はおねだりするときに不安があるのではないでしょうか。


もし怖いのであれば、正直に彼に相談してみるのもひとつの手でしょう。


そうすればいきなりわがままだと言われることはありませんよ。


(大木アンヌ/ライター)


(愛カツ編集部)



カテゴリ