映画『アジアの天使』池松壮亮&オダギリジョーら、全州国際映画祭にリモート参加

映画『アジアの天使』池松壮亮&オダギリジョーら、全州国際映画祭にリモート参加

 韓国『全州(チョンジュ)国際映画祭』(4月29日~5月8日)のCinemaFest部門に出品された映画『アジアの天使』(7月2日公開)の舞台あいさつ/Q&Aイベントに、池松壮亮、オダギリジョー、石井裕也監督がオンラインで参加。その時のレポートが到着した。



【写真】解禁された映画『アジアの天使』場面写真



 舞台あいさつが行われたのは、5月1日。同映画が韓国で初上映された直後。舞台上には、ヒロインのチェ・ヒソが登壇し、スクリーンに映し出された池松、オダギリらと手をふって、久しぶりの再会を喜び合った。



 鑑賞したばかりも観客へひと言求められた池松は「アニョハセヨ」とあいさつし、続けて「韓国のお客さんに初めて観てもらえてうれしいです、本来であれば韓国に行きたかったのですが、この状況下なのでなかなか韓国に行けず残念です」とコメント。続いてオダギリは「映画祭自体を開催するのが大変な状況だと思いますが、お客さんもこういう状況の中、映画を観にきてくれてうれしいです、映画祭を心から応援したいと思っています」と話した。



 壇上のチェ・ヒソからも「この映画が完成した当時(新型コロナウイルス蔓延初期)は映画祭などで直接お客さんに観てもらえると思っていなかったので、ぜひこの時間を楽しみたいです」と、この日を迎えられたことに感無量な様子だった。



 石井監督がこれまでの経験値に頼らず、オール韓国ロケで挑んだ本作は、小説家の青木剛(池松)と8歳のひとり息子の学(佐藤凌)、剛の兄(オダギリ)が、ソウルから江原道(カンウォンド)へ向かう列車の中で、元人気アイドルのソル(チェ・ヒソ)と彼女の兄ジョンウ(キム・ミンジェ)、妹のポム(キム・イェウン)らと出会い、ともに旅をする中で、とある奇跡を目の当たりするロードムービー。



 韓国、日本のキャストを起用して韓国で映画を撮ろうと思ったきっかけを聞かれた石井監督は「プロデューサーのパク・ジョンボムさんと2015年に釜山映画祭で出会って韓国は特別な国になりました。“彼と出会えた奇跡”を韓国で撮りたいと思っていました。それが数年越しに叶いました」と企画の成り立ちのエピソードを披露。



 オダギリは撮影中のエピソードや大変だったことを聞かれると「海外での撮影はもちろん大変なことだらけですが、日本のシステムを捨て、その国に合わせて0から戦っていかないといけないのが実は新鮮で心地いいんです。実際、韓国の俳優の皆さんとの撮影は楽しかったですし、夜お酒を飲みかわしながら友情を育んでいけたと思います」と韓国での撮影時の思い出を振り返った。



 池松へは小説家である剛(つよし)に対して、もし劇中で小説を書き上げていたとしたら最後の言葉は何で締めくくったのか?という質問が及び、オダギリ、石井監督からも「難しい―!」とガヤが飛ぶなか、池松は頭を抱えながらも「"天使に会った”というのはどうでしょうか」と返答。会場からは拍手が沸き起こった。



 チェ・ヒソ演じるソルが劇中よくサングラスをかけている意図に関して問われると「ソルはアイドルを目指しながらも失敗して、その悲しみやトラウマで傷ついた心を隠したくてサングラスをかけていたと思います。ソルは剛たち家族に出会って変わりはじめます。そのきっかけのシーンとして愛人関係にあった社長と喧嘩するシーンがあるんですけど、そこで吹っ切れて無名でもいい、このままの自分でいいと決心するのです。それ以降彼女は変わっていき、愛の表現を家族にもできるようになったと思います。あるシーンでも警察官に剛の息子・学に対して『家族ですか?』と尋ねられた時にもはっきり『家族です』と言うのです。家族ではないけど家族のような繋がりを確かに感じて出た言葉だと思います」と、ソルの劇中での感情の変化を丁寧に語っていた。



 本作には、韓国と日本の2つの家族が登場するが、「家族とはどういうものか」との質問に、石井監督は「家族の価値観や固定概念を無くそうと思って作りました、どんな関係であってもいい、好きなものを食べて、お酒を飲むこと、それだけでいいと思っています」と、答えた。



 池松も「家族、天使、言葉、価値観、あらゆるものが概念であり、いかに自分たちがそういうものに縛られているかと感じます。韓国ロケの最中、僕たちは、家族でもない、チング(友人)でもない、ゆるやかな生命共同体みないなものになれました。家族とは”自由な共同体である”と思います。この映画の家族はともに同じ物語を信じられた人たちだと思う。それが、この映画においての家族だったと思います」。



 続いてオダギリは多くの家族が住むシェアハウスを引き合いに出し「例えばシェアハウスのような環境で育った子どもにとって、血のつながりはなくても、彼らのことを大切な家族だと思うでしょう。いくら血がつながっていても不幸な形はあるだろうし、血がつながっていなくても幸せという事があるように、人と人とのつながりのほうが重要だと思います。血のつながりは関係ないんじゃないかなと思います」と家族の在り方について持論を明かしていた。



 キャストたちは時間の許す限り観客からの質問に答え、最後には客席にいたソルの妹ポム役のキム・イェウンが舞台に上がるサプライズも起こり、盛況のうちにイベントは終了した。
カテゴリ