本気になるのは危険…恋愛にだらしない男性の特徴

本気になるのは危険…恋愛にだらしない男性の特徴

かっこいい男性には、思わず目を奪われてしまいがちですよね。


甘い言葉に乗せられて、恋に落ちてしまうかも。


でも、ちょっと待ったほうがいいかもしれません。


ここからご紹介するだらしない男性の特徴がみられたら、本気で好きになるのはやめたほうがよさそうです。




口だけで行動が伴わない


口だけで行動が伴わない男性も、本命から外したほうが身のためでしょう。


たとえば、約束をしたのにすっぽかすとか、大きい夢ばかり語って実際は夢を叶えるためになにも動いていないとか……。


そういう口だけの人って、そのときの感情だけで言葉にしちゃう責任感の弱い軽薄な人が多いです。


口だけで行動が伴わない人って、誠実からは程遠いですよね。


彼氏にするには頼りなく、あなたの感情をかき乱すタイプなので交際はおすすめしません。


謝るときにヘラヘラしている


自分に非があった際、素直に謝れない男性はもちろんNGですが、謝るにしてもヘラヘラしながら謝る男性も論外ですよね。


こういう男性はただ謝っているだけで、心のなかでは反省していないかも。


むしろ、こっちとしては謝られているのに、バカにされている気分になりませんか?


こういう人って責任感、洞察力、認識力に欠けていることが多いです。


ちゃんと謝れないどころか、相手の気持ちを逆なでするような謝り方しかできない男性に、ろくな人はいません。



見栄っ張りや嘘つき


見栄っ張りや嘘つき


自分のことを大事にするのはいいことです。


ですが、自分のことが大好きすぎて自己陶酔し、ありのままの自分を愛するのではなく無理に演じてしまうナルシストって、自分をカッコよく見せるために平気で嘘をつくことも。


外車など持っていないのに平気で持っていると言ったり、普通のマンションに住んでいるのに「タワーマンションの最上階に住んでいるだ」と見栄を張ったりする人もいます。


自分の考えやスタイルに固執し、自分を変えられなかったり、周りの迷惑など考えられなかったりする。


そんな自己中心的な人は、人と歩み寄ること、譲り合うことができないので人間関係を壊しがち。


壊しても悪いとも思っておらず、むしろ「俺に合わせないあいつが悪い!」と思うほどです。


交際前のデートでナルシストな感じ、自己中心的な行動が見えたなら要警戒。


はっきりしない態度


いつまでたっても付き合うか否か白黒はっきりせず、恋人未満で女性をキープしておく男性もろくでもないですよ。


相手の気持ちを知りつつ、告白されても「付き合ったら責任が生まれるし、他の女性とは遊べなくなるし、このままの距離がちょうどいいから濁しておこう」と考えている男性に、誠実さなどありませんよね。


もし何度デートを重ねても、告白しても彼がはっきりしないのなら、離れたほうがいいかもしれません。


そういう男性は、半年待っても1年待っても、永遠にはっきりしないでしょう。


だらしない男性には見切りをつけて


ろくでもない男性と付き合う時間は、かなりもったいないですよね。


しかも、付き合う相手で自分が変わることも。


そう、ろくでもない男性と付き合ったら自分の魅力も下がってしまうかもしれないということ。


だらしない男性とは、早々に離れたほうがいいでしょう。


(美佳/ライター)


(愛カツ編集部)



カテゴリ