ボイメン水野、高畑淳子に自身の生い立ち熱弁「涙を流してくださった」

ボイメン水野、高畑淳子に自身の生い立ち熱弁「涙を流してくださった」

 人気グループ・BOYS AND MENの水野勝(30)、女優の剛力彩芽(28)、松下由樹(52)、高畑淳子(66)、香月秀之監督(64)が10日、都内で行なわれた映画『お終活 熟春!人生、百年時代の過ごし方』(21日公開)の完成披露報告会に出席した。



【動画】剛力彩芽に嫉妬?高畑淳子が嘆く「口も聞いてくれなかった」



 本作に登場する大原夫婦は、夫の真一(橋爪功)が定年退職してからというもの、妻の千賀子(高畑)が夫の在宅ストレスで熟年離婚寸前。そんな折、娘の亜矢(剛力)は葬儀社の菅野(水野)と出会う。菅野から終活フェアに誘われた亜矢は千賀子にも勧め、千賀子もフェアを機に前向きに。しかしそれを聞いた真一は縁起でもないと嫌がり、新たな危機が生まれる。



 高畑や橋爪たちの間に入っての芝居に、水野は「めちゃくちゃ緊張しましたね」と振り返りつつ「幼いころから見てきたお二人だったのですごく恐縮でしたし、どんなお芝居を返すことができるのか緊張しましたが、素晴らしい演技を引き出してもらえた」と感謝。



 高畑とのカメラが回っていないところでのエピソードについて「僕の人生の話をする時間がありまして、僕みたいな無名の新人の生い立ちや、どういった思いでこの作品に臨んでいるかといった熱い話に高畑さんが涙を流してくださって。どんな方でも対等に扱ってくれる姿に、(カメラが)回っているところ、回っていないところでも財産になるような現場でした」と、高畑の心遣いに重ねて感謝の言葉を伝えた。



 これを受け高畑は「水野さんのことは半生わかるくらい知っています」とにっこり。続けて「水野さんのことは何でも私に聞いてください(笑)」と胸を張っていた。

カテゴリ