ほかの女性と差をつけよう!「感謝の気持ち」を伝えるテク

ほかの女性と差をつけよう!「感謝の気持ち」を伝えるテク

愛される女性は「感謝」を伝えるときもちょっとした工夫をしています。


感謝の度合いは同じでも、行動に示すだけで伝わり方が倍増するとしたら……試してみたいと思いませんか?


今回は「感謝の気持ち」をうまく伝えられるテクニックをご紹介します。




簡単な「お返し」をする


お返しといっても、「もの」ではありません。


何かしてもらうたびに、プレゼントをしていると、彼も気軽にできなくなってしまいます。


たとえば「この間はありがとうございました」と彼にコーヒーをいれてあげるとか、コピーや片づけなど、自分でもできることでお返しをするようにしてみてください。


彼にだけコーヒーを入れると、押しつけがましくなりそうなら、「自分のついでに」「ちょっと作りすぎちゃったから」など、言い訳を用意しておくといいかもしれません。


お返しがあると人は「またしてあげよう」という気持ちになるものです。


思いやりの連鎖を作ることを、意識してみてくださいね。


「ありがとう」にプラスアルファで


何かをしてもらったときに、「ありがとうございます」だけで終わっていませんか?


「ありがとう」を言わないのは論外ですが、「ありがとう」も正直、ただの台詞と化しているので、正直なところ、ただ言われただけでは、あまり心には響かないのです。


たとえば、「ありがとうございます!助かりました」と何かひとこと、自分の気持ちを込めた言葉を添えてみるとか。


ほかにも「ありがとう。いつも仕事早いよね」と、彼の頑張りや努力をピックアップして言葉に出してみるのもいいですね。


「ありがとう」以外の部分で「感謝」を伝えるのがおすすめです。



他の場所でも話題に


何もないのに「○○さんが私のために!」なんて、言いふらしたりアピールしたりするのはNGですが……。


会話の流れで「この前○○さんが手伝ってくれたの。優しいよねー」「困ってたら代わりにやってくれてたの!ほんとよく気がつく人だよね」と話題にしてみてください。


何かをもらったのなら、「センスいいよね」「こういうちょっとしたのがうれしい」と、あくまでも「一般的意見」かのように言うのがコツです。


めぐりめぐって「あの子が『よく気がつく』ってほめてたよ」と、彼が誰かから言われるかもしれません。


きっと「あんなによろこんでくれるのなら、またしてあげよう」という気持ちになってくれるはずですよ。


「言葉」だけではなく「行動」を


大切なのは「感謝」が生まれた瞬間だけでなく、「いつも感謝しているよ」というメッセージを伝えることです。


心のなかではそうしていても、やはり行動に示さないと、相手にはうまく伝わりませんよね。


ちょっとだけ「行動」で「いつもの感謝」を表現してみてはいかがでしょうか。


ぜひ試してみてくだいね!


(矢島 みさえ/ライター)


(愛カツ編集部)



カテゴリ