今年の夏は「マスクジミ」にも気をつけて。紫外線が強くなる今の時期から、早めにシミ対策しときましょ


5月に入りすっかり暖かくなってきて、紫外線もますます強くなってきました。



そうなると怖いのはシミ!肌にシミができてからケアするのは本当に大変なので、できてしまう前にしっかり予防しましょう。



そもそもシミができる原因は?




illustration by machi



紫外線



お肌が紫外線を浴びると、細胞を守るためにメラニンを生成。さらにどんどん紫外線を浴び続けることで、メラニンが色付いていきます。これが日焼けの状態です。



紫外線はメラニンを生成するだけでなく、お肌を痛めつけ老化を引き起こしてしまい、シミだけでなくシワやたるみの原因にもなってしまいます。



摩擦などの外的刺激



ニキビ跡、間違ったスキンケアでのこすり過ぎ、料理中の油ハネ、痒い時に強くかいてしまう、肌荒れ時の炎症、メイクの時に力を入れすぎてしまう…などなど、日常の小さな刺激も積み重なるとシミの原因に。



そして最近、一番注目されているのが「マスクによるシミ」です。肌に触れている部分の接触が積み重なり、シミを作ってしまう可能性もあります。



ターンオーバーの乱れ



今まで挙げた2点が実際にシミになるかならないかは、このターンオーバーの乱れがカギ。本来、肌の中で生成されたメラニンは、ターンオーバーで古い角質と一緒に出ていってくれます。



しかしターンオーバーが乱れることでメラニンが肌に溜まっていき、色素沈着してしまい、これがシミになってしまうんです…。



できる前が肝心!シミ予防ケア




illustration by machi



夏前にはシミケアのスキンケア化粧品を使ったり、日焼け止めをしっかり塗ったりする人も多いですよね。



さらに、しっかりシミを予防するためのケアをご紹介です。



保湿ケアは入念に



夏場は汗や皮脂で肌表面が潤っているように感じがちですが、エアコンの乾燥や紫外線の影響で肌内部が乾燥していることも。



肌が乾燥しているとバリア機能が低下し、紫外線ダメージや大気の汚れなどの肌ストレスでトラブルも起きやすい状態になってしまい、シミにも悪影響です。



保湿がしっかりできていると、シミケア化粧品の効果もアップしますよ!



ターンオーバーを整える



ターンオーバーを整えるには、外側・内側の両方からのケアが大切です。



まずは外側から、ターンオーバーを促進するスキンケアアイテムをプラス。肌表面に残った、余計な角質を取り除く手助けをしていきます。



そして内側からは、正しい生活リズムと適度な運動を。生活リズムを整えることで、肌のターンオーバーのリズムも整いやすくなるんです。



また、適度な運動を取り入れると内側から血流が良くなり、ターンオーバーを促進してくれます◎



ビタミン群を摂取する



サプリメントでビタミンをとるのも効率的ですが、せっかくなら食事からも摂取を。



例えば普段のランチを選ぶ時に、キウイ、ブロッコリー、カボチャ、アボカド、人参、トマト、豚肉、鮭などのビタミン群を多く含む食材が入っているメニューを選ぶだけでもオッケーです。



おいしく楽しく、美肌を目指してみて!



マスクジミにご注意を!



毎日マスクをつけていると肌の接触が積み重なり、炎症などを起こしていなくても、お肌にとってはストレスがかかっています。



まだ目には見えていない状態でも、マスクが触れている部分は洗顔時に擦らないように気をつけたり、シミケア化粧品の美容液などをプラスして塗ったりして、今から丁寧で入念なケアを心がけてくださいね。




illustration by machi



シミケアは早さが肝心。まだ目に見えていないうちに、内側、外側からしっかりケアして美肌をキープしましょう♪



カテゴリ