要注意!若いのに「おばさん顔」になってしまうメイクの特徴3選

要注意!若いのに「おばさん顔」になってしまうメイクの特徴3選

女性にとってメイクは重要ですが、誰しもが自分に似合うメイクを熟知しているわけではないでしょう。


なかには「ファンデーションを塗って、眉とアイラインを描いたらオッケー!」という女性もいるでしょうし、はたまた何段階にもわたって丁寧な化粧をする女性もいるはずです。


あまりメイクにこだわりがないだとか、忙しさからメイクに時間がかけられないといった人もいるかもしれません。ですがこういう人は、知らないうちに「おばさん顔」になってしまうメイクをしている可能性があります。


そこで今回は「おばさん顔」の原因になるメイクの特徴を3つご紹介。次のページから、見ていきましょう。




濃すぎるアイライナー


多くの人は、人と話をするときに相手の目を見て話すでしょう。


凝視するまでいかなくとも、適度に視線を合わせることで誠実さや信頼を示すことになるはず。


そうなってくると、気になってくるのはアイメイクでしょう。


アイシャドウやアイラインを重ねづけして、バッチリきめている人も多いかもしれません。


デカ目効果や顔の印象をハッキリさせてくれるアイラインは、つい濃く引きたくなる人もいるはずです。


しかし、大人になってくると年齢とともにメイクのりも悪くなり、崩れやすくもなるもの。


夕方になるとメイクが崩れてきて、くまやたるみが浮き彫りになってしまう人もいるでしょう。


目元のメイクはとても大事ですが、上乗せしすぎるのはNGです。


ヨレ防止のためにも、必要な部分にだけラインを引くようにしましょう。


ヒビが入りそうなぐらいの厚塗りファンデーション


肌が白くきめが細やかであれば、それだけでキレイというイメージはつくれるものです。


そのイメージはどちらかというと「艶」があるお肌から連想されるもので、ファンデーションでひたすら毛穴を隠して上塗りしてつくり出すものではないでしょう。


昔からオバサンメイクの象徴というと、厚塗りファンデーションをイメージされる人も多いはず。


つついたらパキッと割れてしまいそうなぐらいファンデーションを厚塗りすると、男性からの印象は悪くなってしまうでしょう。


いまどきはファンデーションも、パウダーやリキッドなど種類が選べます。さらに仕上げにフェイスパウダーをはたく人も多く、つい厚塗りになる人は少なくないかも。


丁寧にメイクをすることは大事ですが上手に「引き算」をして、厚塗り感が出ないように気をつけていきたいものですね。



暗く見えるブルー系のアイシャドウ


暗く見えるブルー系のアイシャドウ


ブルー系の色味はパッと見てインパクトはあるものの、「キレイ」「おしゃれ」という印象をなかなか持ってもらいにくいでしょう。


顔色に合わない人にとってブルー系のアイシャドウは顔色を悪く見せてしまう効果や、最悪の場合青あざのように見えてしまう可能性もあるのです。


そのためブルー系は、メイク慣れしている人でなければ上手に扱えない色合いと思ったほうがいいでしょう。


また口紅や洋服とのコーディネートも、ピンク系やベージュ系などに比べると難しいはず。


安易にブルー系のアイシャドウを使うと、おしゃれをしているつもりでも周囲からは暗い印象や「なんだかそのメイク間違えていない?」と思われることになるかも。男性からの好感度も、下がってしまうかもしれません。


ブルー系の色味は使いこなせる自信がなければ、手を出さないほうが賢明でしょう。


自分をより魅力的に見せられるメイクをしよう!


本人は丁寧にメイクをしているつもりかもしれませんが、やみくもに上乗せするのは、かえっておばさん顔をつくってしまう原因になってしまうかもしれません。


せっかくメイクをするのであれば、自分に似合う色味やメイクの方法などを勉強したいもの。


男性ウケも良く自分をより魅力的に見せることができるメイクをしていけるといいですよね。


(沙木貴咲/ライター)


(愛カツ編集部)



カテゴリ