太田光&小川彩佳、河野太郎大臣に“NO忖度”で問う!「野心満々の人がワクチン担当大臣に」

太田光&小川彩佳、河野太郎大臣に“NO忖度”で問う!「野心満々の人がワクチン担当大臣に」

 お笑いコンビ・爆笑問題の太田光が、12日放送のTBS系『NEWS23』(月~木 後11:00、金 後11:30)に出演。スペシャル企画「太田光と問う!」で、同番組の小川彩佳キャスターとともに、菅義偉内閣のキーマン・河野太郎行政改革担当大臣への“NO忖度”インタビューが放送される。



【番組カット】河野太郎行政改革担当大臣にインタビューを行う小川彩佳アナ&太田光



 太田と小川がタッグを組むのは、今年3月放送の『太田光が問う!選挙SP』に続いて2回目。初タッグの際には、独自の視点で問う太田と、日々ニュースを届けるキャスターならではの目線で問う小川の絶妙なコンビネーションで、与野党の若手・ベテラン議員から多くの“ホンネ発言”を引き出すことに成功。小川からは「初共演はドキドキでしたが、自分自身も太田さんの言葉にハッとさせられたり励まされたりしました」という感想もこぼれた。



 今回、2人が対峙するのは、新型コロナウイルスのワクチン担当として、連日ニュースで注目される河野行政改革担当大臣。インタビューでは太田と小川が大臣室を訪問し、暮らしに大きく関わるワクチンをめぐるさまざまな問題について聞いたうえで、東京オリンピック・パラリンピック開催の是非や菅首相の発信力などについて、“国民がいま感じていること”を河野大臣に率直に問う。



 また、河野大臣は世論調査などで「次の総理になってほしい人」の最上位に名前が挙がることも多く、“ポスト菅”候補の最右翼とも言われる。太田はそんな河野大臣に向かって「野心満々の人がワクチン担当大臣になっている。絶対に成功させなきゃいけないわけだから、国民にとってラッキーという解釈でいい?」と聞き、ホンネを引き出そうとする。河野大臣の反応は。さらに、“憲法”や“地方分権”といった、この国の政治のあり方を問う方向にも進んでいき、太田と小川が「次の総理になるかもしれない男」河野大臣に、時に笑いも交えながら、忖度なく問う。



 取材を終えた太田は「河野大臣は正直に話してくれたと思います。話せなそうなこともありそうでしたけど(笑)」と振り返りながら、小川とのコンビについて「2回目の共演ですけれど、カンが冴えているというか、やっぱり鋭かったですね(笑)」と手応えを明かした。



 小川も「ワクチン接種などについて河野大臣がどうお答えになるかはもちろんのこと、太田さんがどう河野大臣に切り込んでいかれるのか。そこからどんな本音が滲み出るのか。私自身、聞き手という立場以上に興味深く聞かせていただきました」とコメントした。
カテゴリ