フジ新人アナ4人の“研修日誌”スタート プロフィールも公開

フジ新人アナ4人の“研修日誌”スタート プロフィールも公開

 フジテレビでは、アナウンサーの情報を提供するホームページ『アナマガ』にて、『2021年新人アナウンサー研修日誌』が、13日よりスタートする。小山内鈴奈(おさない・れいな)、小室瑛莉子(こむろ・えりこ)、竹俣紅(たけまた・べに)、山本賢太(やまもと・けんた)の4人が、研修の様子を日替わりで伝えていく。



【写真】女子アナデビューをした佐久間みなみ&渡辺渚



 新人アナウンサー研修は、10日から始まっており、28日まで同局本社にて実施。医師の指導の下、例年より広い会場で、消毒・換気、受講生同士の席は2メートル以上離すなど、新型コロナウイルス感染症対策を徹底しながら行われる。3週間に及ぶ新人アナウンサー研修では、ボイストレーニング、ニュース原稿読み、インタビュー講座、中継リポート実習などに加え、コロナ禍により増えたオンライン取材の仕方についても学んでいく。



 日々、切磋琢磨(せっさたくま)しながら、基礎練習に励み、一人前のアナウンサーとしてカメラの前に立てる日を目指し、今まさに奮闘中の新人アナウンサーたち。そんな4人の本音トーク満載の『2021年新人アナウンサー研修日誌』では、将来性たっぷりの“金の卵”たちが一人前のアナウンサーに成長していく姿を、各自リポートしていく。



 研修にはフジテレビ系列各局の新人アナウンサー7人も参加。普段はそれぞれの地域でしか見ることのできない姿を、ここで発見することができるかもしれない。同時に『アナマガ』では、新人アナウンサーのプロフィールも初公開。青森生まれ青森育ちで毎年祖父母のリンゴ農園を手伝っていたという小山内アナは「何事も全力を尽くして楽しみながら頑張ります!」と元気にあいさつした。



 笑うこと、話すことが大好きだという小室アナは「親しみやすいアナウンサーを目指し、何事にも挑戦していきます」と気合十分。将棋歴15年の竹俣アナは「感謝の気持ちを忘れずに、アナウンサーとして、そして一人の放送人として成長できるよう頑張ってまいります」、野球歴14年の山本アナは「ありのままの自分で、お茶の間のムードメーカーになれるよう頑張ります!」と、それぞれ意気込みを語った。



フジテレビ新人アナウンサーのプロフィール

◆小山内鈴奈(おさない・れいな)

誕生日:1996年9月18日

出身地:青森県

出身大学:弘前大学 理工学部物質創成化学科

趣味:読書、アニメ、ゲーム、手芸

好きなもの:さくらももこさん、K-POPアイドル、納豆ご飯、あんぱん

休日の過ごし方:アニメを見たり、ゲームをしたり、書店や映画館に行ったり、趣味に没頭します!

資格:秘書検定2級

私のモットー:明けない夜はない

担当したい番組:インタビューや、eスポーツに関わる仕事をしてみたいです



◆小室瑛莉子(こむろ・えりこ)

誕生日:1999年3月2日

出身地:神奈川県

出身大学:青山学院大学 経営学部経営学科

趣味:アニメ、漫画、ゲーム実況を見ること。ロードバイクで散策すること

好きなもの:いちご、納豆、うどん、猫

特技:声が大きいこと

資格:珠算検定一級

休日の過ごし方:たくさん寝た後、好きなアニメを見返す

私のモットー:志は高く、腰は低く。食わず嫌いはもったいない

担当したい番組:さまざまなジャンルに挑戦してみたいですが、今はバラエティー・情報番組に興味があります



◆竹俣 紅(たけまた・べに)

誕生日:1998年6月27日

出身地:東京都

出身大学:早稲田大学 政治経済学部経済学科

趣味:美術館めぐり、ウォーキング

好きなもの:ウナギの肝焼き、いちご、激辛料理、クイズを作ること、文章を書くこと

特技:激辛料理を食べること、長時間正座ができること

資格:漢検準1級、将棋(15年間)

休日の過ごし方:とにかく食べています!

私のモットー: 元気に、地道に、前向きに

担当したい番組:いつか、人のお話をじっくり伺うトーク番組を担当するのが夢です



◆山本賢太(やまもと・けんた)

誕生日: 1998年4月11日

出身地:東京都

出身大学:慶應義塾大学 商学部商学科

趣味:お笑い鑑賞、似顔絵、釣り、筋トレ

好きなこと:ノンレム睡眠

特技: 自分の体重を自由自在に操ること

休日の過ごし方:1週間分のカレーを作る

私のモットー:尻を上げれば尻上がりになる

担当したい番組:『IPPONグランプリ』、自分が考えた企画で番組進行
カテゴリ