【キングオブコント2021】おいでやすこが、ルール改定で参戦「やっと出れる!」

【キングオブコント2021】おいでやすこが、ルール改定で参戦「やっと出れる!」

 “コント芸日本一”を決める『キングオブコント2021』のエントリー受付が、14日よりスタートした。今大会から即席ユニットでの参加が認められたことから、SNSなどで相方やユニットメンバーの募集を呼びかける芸人が続出。例年以上に多くのエントリーが予想されるなか、いち早く参戦を表明した芸人たちがTBSのスタジオに集結した。昨年の『M-1グランプリ2020』で強烈なインパクトを残したおいでやすこがは、コントでも“躍進”することに意欲をにじませた。



【写真】コンビ化は否定するも息ピッタリ?なおいでやすこが



 今大会から、ピン芸人同士のコンビやトリオ、ユニット同士の合体でも出場可能となる。大会を運営する『キングオブコント』事務局は「ピン芸人の皆様や新たなユニットでの参加により、笑いの化学反応が起きて、これまで以上に大会が盛り上がることを楽しみにしています。今まで出場の資格や機会がなかった芸人の方々のご応募をぜひお待ちしています」と期待を寄せた。



 こがけんが「♪やっぱり“おいでやすこが““これはユニット”、キングオブコントに今まではそういうルールはなかった。これまでは芸歴があるのに出られなかったピン芸人やユニットがけっこういました。ピン同士で組んで、やっと出れるということで超うれしい!!」とリズムに乗ると、おいでやす小田が「ようしゃべるなー!!」とツッコミ。



 警戒する組について、こがけんが「(今田耕司と東野幸治の)Wコウジさんですかね」とボケ、小田が「でるか~い」と絶叫ツッコミ。小田は「ホントにこれはうわさですけど、『R-1グランプリ2021』で優勝したゆりやんが、去年『THE W』を獲った吉住と一緒にやるって話もあったり、いろいろな話が出ています。そもそも、僕はゆりやんと組んで、毎年『キングオブコント』に無理やり出ようとしていたんですよ。でも、即席ユニットはダメって、けっこう厳しく断られるから、もうアホなふりしてエントリー用紙書いて出したんですよ。そしたら、バツされて返ってきました。昔はホントにめちゃめちゃ厳しかった。だからこそ、今回のルール改正で出られるのはめちゃくちゃうれしいです」とかみしめるように語った。



■『キングオブコント2021』応募資格

・プロ、アマ不問。所属事務所も問わない。

・芸歴の制限なし。

・2人以上のユニットに限る。よって1人(ピン)での出場は不可とする。

・即席ユニットでの出場可能(※「1人(ピン)と1人(ピン)」「1人(ピン)と“コンビ内の1人”」「コンビとトリオ」などの即席ユニットでの出場可能)

・併願エントリー不可(※同人物が異なるユニットで複数エントリーすることは不可とする)
カテゴリ