品川ヒロシ監督最新作『リスタート』ポスタービジュアル&予告編解禁

品川ヒロシ監督最新作『リスタート』ポスタービジュアル&予告編解禁

 映画監督としても活躍するお笑いコンビ・品川庄司の品川ヒロシにとって6年ぶりの長編映画最新作『リスタート』(7月9日より北海道地区先行公開、7月16日より全国で公開)のポスタービジュアルと予告編が解禁された。



【動画】映画『リスタート』予告編



 本作は、北海道・下川町と吉本興業がSDGs推進における連携協定を結び発足したプロジェクトで、2019年6月から9月まで実施したクラウドファンディングで目標金額を大きく超え、700人からの支援を集めることに成功。そうしたサポートを受けながら、下川町の自然を余すことなく映像に落とし込んだ意欲作。



 品川監督作品初の女性主人公に抜てきされたのは、男女フォークデュオ・HONEBONEのボーカルを務め、数々の雑誌や広告でモデルを務めるEMILY。テレビに出演した際に、それを偶然見ていた監督が「この子しかいない!」と熱烈オファー。初めての映画出演で、自然体の芝居と圧巻の歌声を披露している。彼女を支える同級生役に劇団EXILEの一員として俳優活動を行い、ラッパー、デザイナーとしてもマルチな才能をみせるDOBERMAN INFINITYのSWAY、父親役に昨年初プロデュース作品『影に抱かれて眠れ』が公開され、映画・ドラマと数々の作品に出演する俳優・中野英雄らが脇を固めるほか、小杉竜一(ブラックマヨネーズ)、岩崎う大(かもめんたる)、西野亮廣(キングコング)などバラエティ豊かなキャストも多数出演している。



 予告編は、「東京に出て、絶対売れてビッグになる」と友人の前で力強く宣言する未央(EMILY)のカットから始まる。夢見たシンガーソングライターではないが、東京で地下アイドルとして一生懸命活動する未央。しかし意図せず起きた有名アーティストとのスキャンダルによって突然契約解除を告げられ、SNSやネットでの誹謗中傷を受け、さらには応援してくれていたファンからの暴行により、心身ともに深く傷ついてしまう。



 故郷である北海道・下川町に帰った後も、周囲に馴染むことができずにひとり殻にこもり、不安を抱え苦悩する。しかし、自然豊かな景色や、「ここには“いいね”もなければ炎上もない」「28歳で人生終わったみたいな顔すんな」という同級生・大輝(SWAY)の言葉、何があってもありのままの自分を受け入れてくれる家族と仲間の存在によって、徐々に心を取り戻していく。



 後半にはEMILYが本作のために書き下ろした主題歌「リスタート」が流れ、力強く響くその圧巻の歌声によって、どん底から立ち上がる、希望を感じさせる予告編となっている。



 同じく解禁となったポスタービジュアルは、スポットライトに照らされてまさにこれから歌い出す未央(EMILY)の姿が印象的。劇中歌の歌詞でもある“ただ、一歩ずつ”というキャッチコピーも添えられ、作品名『リスタート』と合わせて、未央の静かで強い決意を感じさせる。

カテゴリ