台湾直輸入の漢方を使った台湾火鍋専門店「林鼎翔」が立川市にOPEN

台湾直輸入の漢方を使った台湾火鍋専門店「林鼎翔」が立川市にOPEN


台湾火鍋の専門店が新しく登場!

数十種類の漢方を配合し、台湾直輸入の“魔法の粉”を使用したスープが楽しめる「台湾火鍋専門店 林鼎翔~リンテイショウ~」が、東京都立川市に5月15日(土)にオープンする。

数十種のスパイスを用いた“魔法の粉”を使用



火鍋は2000年の歴史を持つ食事で、現地台湾では、医食同源を体現した健康食とも言われており、「美味しいものを食べて美しくなりたい、健康でありたい」という人に特に好まれている。

同店の火鍋スープに使われる材料は本場台湾から直輸入しており、数十種のスパイスを用いた魔法の粉を使用。

食事は台湾火鍋に特化しており、余計なサイドメニューは一切なく、一心に火鍋に集中できる。

「美容と健康」をテーマに食材なども販売



日本初の実店舗となる同店では、50坪の店内で火鍋を楽しむ飲食スペースのほか、台湾製品を販売するスペースも併設。

日本ではあまり流通していない高級ツバメの巣や、ハスマドリンク、上海などで人気の白きくらげドリンクなど、「美容と健康」をテーマに食材などを販売する。

また、子ども連れでも安心して来店できるよう、授乳室も完備されている。


まるで台湾へ小旅行をしているかのような気分になれる火鍋専門店を、早速チェックしてみては。
カテゴリ