音信不通になっちゃうかも…!男性を困らせるLINEの特徴4つ

音信不通になっちゃうかも…!男性を困らせるLINEの特徴4つ

気になる男性とLINEをしている時間って、ドキドキしてうれしく感じる人も多いでしょう。


返信を待つ時間も、また素敵なもの。ですが待ったあげく、そのまま男性と音信不通になってしまったなんて人もいるようです。


今回紹介するのは「男性を困らせるLINEの特徴」。


彼とのLINEを楽しむのはいいですが、彼が困ってしまうような状態は避けていきましょう。



連絡の頻度にムラがある


男性も、興味のある女性の「傾向」を把握したいと思っています。


たとえば、LINEの返信が早いのかのんびりなのか。ほかにも、よく会話ができる時間帯や反応してくれる話題は何かなど、さまざまなことを知りたいのです。


それなのに返信する早さにムラがあったり、夜中に突然会話がつづく日があったりすると、男性は困惑してしまうでしょう。


その上返事をねだることもあるのに、何日も既読無視が平気でつづくような日まである場合。


男性は相手について把握しようとするのを諦め、音信不通に近い状態になることもあります。


深刻すぎる悩みを相談してくる


悩みの相談をしたりされたりすることは、相手を信頼しているというメッセージになりますし、頼られていると感じて男性も嬉しいものでしょう。


でも、どの程度の悩みを相談するかは、いまの関係を考慮に入れて選ぶべきです。


あまりにも深刻な悩みをLINEで打ち明けらたら、「俺はちょっとそこまで踏み込んであれこれ言えないよ」となってしまうかもしれません。


長文で重い悩みの内をつづってしまうと、さらにプレッシャーが上がってしまうことも……。


すべてを話さず彼が応えやすい範囲で相談するのも、これから信頼を築いていくふたりにはピッタリでしょう。


心の内側を知りたがる


心の内側を知りたがる


彼の心の内側を知りたくなるのも、恋をしていると生まれる衝動です。


でも「なんでそう思うの?」「どうして〇〇してくれないの?」といった、動機や心の底を無理やり掘り返そうとするのはNGでしょう。


もうあと一歩で付き合えそう、どちらが告白してもおかしくないという恋人未満なら、逆に仲を深める質問になる可能性があります。ですが関係がまだ成熟していないときは、もう一歩下がりましょう。


まだまだいまは、浅く、広く、自分や相手について伝い合えるLINEがおすすめです。


付き合っている雰囲気を出してくる


LINEを交換してしばらく経ち、何となく親し気なやり取りも増えてきた頃。


相手の男性も「もしかしたら、恋人同士になるのもアリかも」と思い始めているかもしれません。


しかし、そんなときにNGなのが「付き合っている雰囲気を出してくる」ことです。


たとえば「もう!そこは〇〇って言ってよ!」と、彼氏のような反応を求められたり、「え~、それは違うでしょ(笑)」と、まるでラブラブカップルのような感じを出したり……。


男性にしてみれば「まだそんな関係じゃないんだけど」と戸惑い、逆に距離を置きたくなってしまうかもしれません。


焦る必要はない


自分にとっては「積極的なアタック」のつもりが、相手の男性にとって「プレッシャー」になっているかもしれません。


焦る必要はないので、じっくりゆっくり安心して会話することを第一に考えてください。


自分の反応や言葉の選択が相手の男性をどんな気持ちにさせるかを、よく考えてLINEを楽しみましょう。


(橘 遥祐/ライター)


(愛カツ編集部)



カテゴリ