“食べるバター”のカノーブルが池袋で短期ポップアップを出店。最新技術の新商品バターが見逃せません


ナショナルデパートが展開する“食べるバター”専門ブランド「CANOBLE(カノーブル)」が、5月13日(木)から5月19日(水)までの期間限定で、東武百貨店池袋店B1にポップアップを出店します。



最新技術を駆使したバターアイスクリームやバターサンド、バターケーキなど、新商品7アイテムを期間内に順次販売するのだとか。



現在販売は、ECサイトと百貨店ポップアップのみなので、このポップアップ出店の機会は見逃せませんよ。



日本初のバター専門店



バターの新しい楽しみ方を提案する、日本初のバター専門ブランド「カノーブル」。



これまでも、数々のバターのポテンシャルを引き出す新商品を開発してきました。





カノーブルの定番といえば、この形。



通常のバターのように塗ったりアレンジをしてもおいしいのですが、なんといってもこのまま食べられるのがユニーク、且つ魅力的です。



1年ぶりにポップアップを出店




新作バター和菓子(画像は開発中のもの)



今回のポップアップテーマは​「Singularity and Human Errors」。



このテーマは、“人の何気ないミスをミスと捉えるのではなく、プログラムされた機械では起こせない偶然の進歩と捉えて、さらなる新技術の開発につなげていく”…という意味が込められているのだとか。





カノーブルの最新技術といえば、食品3Dプリンター「Topology」の導入や、VR映像とリンクさせて食べるバターなど、とにかくすごいんです。





こちらのパッケージは、環境に配慮した新しい仕様。中身のバターと一緒に写真におさめたくなるはず。



また、緊急事態宣言を考慮して、新アイテムはECサイトにて5月21日(金)から販売を開始するそうなので、気になる方は併せてチェックしてみてくださいね。



ナショナルデパート/CANOBLE(カノーブル)

https://depa.jp/



カテゴリ