【青天を衝け】第14回「栄一と運命の主君」あらすじ “慶喜”草なぎ剛とついに対面

【青天を衝け】第14回「栄一と運命の主君」あらすじ “慶喜”草なぎ剛とついに対面

 俳優の吉沢亮が渋沢栄一役で主演を務めるNHK大河ドラマ『青天を衝け』(毎週日曜 後8:00 総合ほか)の第14回「栄一と運命の主君」があす16日、放送される。



【場面写真】地球儀を興味津々に見つめる栄一(吉沢亮)



 先週放送の第13回「栄一、京の都へ」では、栄一と喜作(高良健吾)は江戸で円四郎(堤真一)の妻・やす(木村佳乃)から一橋家のご証文を受け取り、無事京都へたどりつく。京都では朝廷が参与会議を開催。薩摩藩などが国政に影響力を持ち始める中、“一度全てを捨て、新しい世を作ろう”と語る松平春嶽(要潤)に、慶喜(草なぎ剛)は静かに怒りを募らせる。一方、栄一からの文を喜んだ長七郎(満島真之介)も京都に行くことを決意するが、道中で誤って飛脚を斬ってしまい捕らえられる。栄一の文も見つかり、幕府から目を付けられた栄一と喜作は追い詰められる。



 今回、栄一と喜作は円四郎から一橋家に仕官せよと迫られることに。すると、栄一は慶喜に自らの意見を建白することを条件に出す。円四郎は遠乗り途中の慶喜に2人を対面させ、屋敷で謁見(えっけん)させることに成功。こうして栄一と喜作は、一橋家に仕官することになった。



 一方、慶喜は、薩摩藩が天皇に信頼の厚い中川宮(奥田洋平)を取り込んでいることに気づく。中川宮を問い詰め、その場にいた島津久光(池田成志)らに“天下の大愚物、天下の大悪党だ”と言い放つ。
カテゴリ