tricot、実写『春の呪い』の主題歌担当 中嶋イッキュウ「皆の呪いが解けますように!」

tricot、実写『春の呪い』の主題歌担当 中嶋イッキュウ「皆の呪いが解けますように!」

 女優・高橋ひかるが主演するテレビ東京系「サタドラ」枠ドラマ『春の呪い』(22日スタート 毎週土曜 後11:25)の主題歌「いない」をロックバンド・tricotが担当することが決定した。



【写真】高橋ひかるが“妹の遺骨”を抱える…



 原作は、『このマンガがすごい!2017』の「オンナ編」第2位に輝いた小西明日翔氏の同名作品。最愛の妹を亡くした主人公・夏美が恋したのは、妹の婚約者だった…という衝撃的な展開から始まる。禁断の恋に揺れる姉、妹の婚約者で財閥の御曹司である青年、恐怖の幻影として姿を現す妹。複雑な想いが渦巻く奇妙な三角関係の行方とは――。



 最愛の妹を亡くした主人公・立花夏美を高橋が演じ、工藤阿須加が夏美の妹・春の婚約者で、容姿端麗な上に財閥系の御曹司でもある青年・柊冬吾役、桜田ひよりが病気で他界してしまう夏美の妹・立花春役。ドラマはこの3人を軸に物語が展開していく。



 tricotは、2010年9月1日にバンドを結成。各地の大型フェスに出演し、海外でも言語やジャンルの壁を越えて通用するクオリティを誇る実力派ロックバンド。主題歌「いない」は、ジェニーハイのメンバーとしても活躍している中嶋イッキュウ(Vo&Gt)、キダ モティフォ(Gt&Cho)、ヒロミ・ヒロヒロ(Ba&Cho)、吉田雄介(Dr)の4人が織りなす、ドラマの世界観にぴったりな仕上がりとなっている。



 また、同ドラマは動画配信サービス「Paravi」にて、きょう15日午後9時から独占先行配信される。



■中嶋イッキュウのコメント

目に見えない何かに囚われていたりしてもそれは実際には存在していなくて、自分自身で作り出している呪いのようなものだと感じ、「いない」という曲を作りました。皆の呪いが解けますように!
カテゴリ