福島県産『あかつき』だけを使用して10年目!「福島あかつきもも」が発売

福島県産『あかつき』だけを使用して10年目!「福島あかつきもも」が発売


5月18日(火)、エキナカを中心に展開している「acure(アキュア)」のオリジナル飲料ブランド「acure made(アキュアメイド)」から、「福島あかつきもも」が発売される。

福島県産『あかつき』だけを使用して10年目



「アキュア」では、2011年2月に初めて福島県産のブランド品種『あかつき』のみを使用した「モモごこち」を発売。当時は現在と異なり、果汁50%で“さらりと飲める桃”として飲料化した。

また、東日本大震災の影響により2012年は発売を見送ったが、多くの声と復興の願いを込め2013年には再度商品化し、その際も福島県産の『あかつき』だけにこだわり製造。

さらに、2014年には果汁75%、2015年に濃縮還元で果汁100%、2016年にストレート果汁100%と年々進化を遂げ、今では「アキュア」の人気商品となっている。

桃の作柄状況により微妙に異なる味わい


今回発売の「福島あかつきもも」280ml/180円(税込)は、濃縮還元ではなく、ストレート果汁100%のジュース。桃の果実から搾った果汁をそのまま容器に詰め込んでおり、色味や香味、糖度などの味わいは使用する桃の作柄状況によって微妙に異なる。

桃の風味がそのまま活きているストレート果汁ならではの醍醐味として、その違いも含め楽しんでみて。

今年はサブスクの受取対象にも!


「福島あかつきもも」は、JR東日本のエキナカにある「アキュア」の自販機や「アキュア」公式オンラインストアのほか、イノベーション自販機と「acure pass」でも販売。また、2019年にサービスを開始した、日本初の自販機サブスク「every pass」の受取対象商品にもなっている。

なお、楽天・Yahoo!でも、6月以降準備でき次第販売される予定だ。

旅行にもなかなか行きにくい今、産地にこだわった「福島あかつきもも」を手に取り、地域のおいしさを堪能してみては。
カテゴリ