レトロ感がたまらなくかわいいの。映画『シェルブールの雨傘』みたいなフレンチガーリースタイルはいかが?


最近では、レトロなファッションやメイクが話題に。コスメブランドからも、1960年代を意識したコレクションが登場しています。



ファッションもメイクも流行はあれど、「かわいい!」と思うものには昔から変わらない部分がありますよね。



そんな普遍的な“かわいい”のヒントを、昔の名作映画『シェルブールの雨傘』からいただいちゃいましょう!



おしゃれ映画の代名詞『シェルブールの雨傘』




illustration by machi



フランスを代表する大女優、カトリーヌ・ドヌーブさん。そんな彼女の代表作のひとつが『シェルブールの雨傘』(1964年)です。



1957年のフランス・シェルブールを舞台に、20歳の自動車整備・工ギイと17歳のジェヌヴィエーヴ(カトリーヌ・ドヌーブ)の恋を描いています。



この映画には、フランスの街並みやインテリア、ファッションなど、とにかく“かわいい要素”がたくさん詰まっているんです!



ヘアメイクは、ハネ上げた太めアイラインなどのレトロな特徴は残しながら、17歳らしいかわいらしさも。アイラインは少し細めでハネ上げは控えめ、チークやリップの色も薄めなので、真似しやすいメイクになっていますよ。



1960年代みたいなフレンチガーリーメイクに挑戦




illustration by machi



ヘアスタイルは、レトロな雰囲気を感じさせる“高めポニーテール”にリボンで。



リボンはその日のファッションの中の色とリンクさせて、カトリーヌ・ドヌーブ気分をアップさせてみてくださいね。



アイメイクのポイントは、やっぱりアイラインとフサフサまつ毛です!



\アイメイクのPOINT/



・アイラインは目頭からしっかり描き始め、目尻に向かって太くする。3〜5mm程度、目尻からはみ出してハネ上げて。

・切開アイラインのポイントは、くの字にしないこと。目頭を締めないことで、しっかりアイメイクにピュア感を演出。

・まつ毛は全体をビューラーでしっかりアップ。全体にマスカラを塗ってから、目尻側1/3にさらに重ね塗りして目尻を強調。

・レトロ感をアップしたい時は、つけまつげをプラスして。

・下まつ毛にもしっかりマスカラを。

・アイシャドウは明るい色味でマットタイプをチョイス。


そしてフランスの少女感を演出するには、チークの入れ方もポイント。



ほっぺた全体が赤みがかっているような、そんな頬をイメージしたチークを意識してみましょう。



\チークのPOINT/



・パウダーチークをブラシにとり、頬骨にそって塗る。ブラシに余ったチークで下にぼかし、ほんのり赤みを広げる。

・耳たぶにもチークをつけ、キュートさをアップ。


リップは、ピンクやコーラルピンクのリップスティックでピュアな雰囲気に。適度な血色と潤いを感じさせるのが目的なので、色付きリップクリームでもOKですよ!




illustration by machi



たまには、いつもと違う雰囲気のメイクを楽しんでみるのもよさそう。



古着屋さんで見かけるレトロなワンピースに合わせて、思いっきりキュートなフレンチガーリースタイルに仕上げてみて!



カテゴリ