“八神”木村拓哉『ジャッジアイズ』新作 物語と新たな舞台が発表

“八神”木村拓哉『ジャッジアイズ』新作 物語と新たな舞台が発表

 セガは18日、PlayStation5、PlayStation4、XboxSeries X|S、Xbox One用ソフトウェア『LOST JUDGMENT:裁かれざる記憶』(9月24日発売予定)のあらすじと、新たな舞台を発表した。



【ゲーム画像】新たな舞台「横浜・伊勢佐木異人町」



 同ゲームは、本格リーガルサスペンスストーリーと多種多様なゲームプレイが堪能できるタイトルとして、多くのファンを集めた「ジャッジアイズ」シリーズの第2作。打ちのめされても何度でも立ち上がり、真実を追い求め続ける主人公・八神隆之を木村拓哉が再び熱演。さらに、八神を取り巻く主要登場人物として、前作に続き中尾彬、玉木宏、山本耕史、光石研ら実力派俳優が集結する。



■物語

2021年12月、東京地方裁判所。

源田法律事務所の城崎さおりは、現役警察官・江原明弘(53歳)の弁護人を担当している。江原は電車内で痴漢を働いたあげく、周囲に取り押さえられ激高する映像が何度もメディアで取り上げられていた。

おかげで彼に厳罰を求める世論の声は大きい。

そして“公正な審理”により有罪判決がくだされたまさにその時――

突然、被告人席の江原が裁判官の言葉を遮るように立ち上がってこう言った。

「3日前に、横浜の廃ビルから死体が出てきたはずです。もう身元はわかりましたか?」

意味不明の発言に戸惑う法廷。すると、江原は続けて言う。

「では、どうか神奈川県警に知らせてあげてください。その死体の主は御子柴弘といいます。彼は4年前……私の息子を自殺に追いやった…万死に値する人間です」

江原の言葉に嘘はなかった。

事実、伊勢佐木異人町の廃ビルから、御子柴弘の無残な他殺体が発見されていたのである。ただし、その死亡推定時刻は、ちょうど江原が痴漢を働いていた時間帯であった。

つまり、江原は御子柴殺害を事前に知っていた犯行の一味、もしくは黒幕であると露骨に臭わせながら、自分自身は痴漢犯罪で有罪判決を受けたことで、鉄壁のアリバイを得たのだった。

もし、痴漢事件自体がそのための茶番だったとしたら“法”を軽んじた極めて挑発的な犯罪者である。

彼を弁護してきたさおりは、ただの痴漢として裁かれた江原に対し、自分がなにか「重大な見落とし」をしていたのではないかと疑念を抱き、探偵・八神隆之に事件の調査を依頼する…。

偶然にも高校でのいじめ調査で横浜に滞在していた八神は、江原に「利用された」さおりの疑念を晴らすべく、御子柴殺害事件の真相を追い始める。

調査を進めるにつれ、明らかになっていく復讐劇の全ぼう。ところが、事件は公安や検察、半グレ組織を引き寄せはじめ、再び先の見えない展開となっていく。

それぞれの思惑が絡み合うことで生まれる新たな犠牲者。

事件の真相を追い求める八神は、やがて「法か、正義か」の決断を迫られていく――。



■新たな舞台「横浜・伊勢佐木異人町」

東京・神室町に加え、新たなドラマが展開される舞台として横浜が登場。広大なエリアを舞台に、戦い、遊びながら事件の謎をひもとく。
カテゴリ