分かる人には分かる!? あるコミックが元ネタになったmaRket×JOHNBULLのコラボTシャツが気になります


デザインユニットのmaRketと、国産ジーンズを手掛けるメーカーのJOHNBULLがコラボしたTシャツが誕生!



JOHNBULL各店舗とJOHNBULL公式オンラインストアにて現在予約を受付中。6月3日(木)からは一般販売がスタートします。



デザインユニットmaRketって?





今回発売されるTシャツのデザインを手掛けるのは、デザインユニットmaRket。



小説や音楽、映画といったサブカルチャーを軸とした商品を取り扱う、“架空のお土産屋さん”というコンセプトなのだとか。



そんなmaRketと、岡山県倉敷市で国産ジーンズを手掛けるメーカーのJOHNBULLがコラボして誕生したTシャツのテーマは、「ANOTHER STORIES」です。



実際には起こりえない、架空のお話を題材にしたそうですよ。



個性的な世界観のあるラインナップ




コラボレーションプリントTシャツ ZC692(TOFU)(税込8250円)



「コラボレーションプリントTシャツ(TOFU)(税込8250円)」は、あるコミックのお話を元に制作されたTシャツ。



『世界が敵に回っても、僕は君の味方だよ。』



彼が君の為に作った謎の料理、“トーフサンド”のデザインです。





コミックの中では登場することの無かった、もし二人がハッピーエンドを迎えたのならオープンしていたかも知れない、トーフサンドショップのユニフォームをイメージして作られたそう。



サイズはMとLの2サイズで、Mサイズは袖が少し短めになっている為、コンパクトなシルエット。Lサイズは袖幅が広いので、ゆったりと着たい人に最適です。




コラボレーションフレンチスリーブTシャツ ZC690(TOFU)(税込7700円) 



レトロな雰囲気のノースリーブをイメージした、フリーサイズの「コラボレーションフレンチスリーブTシャツ(TOFU)(税込7700円)」も予約受付中です。  




コラボレーションプリントTシャツ ZC691(Kilimanjaro)(税込8250円)



「コラボレーションプリントTシャツ(Kilimanjaro)(税込8250円)」は、アーネスト・ヘミングウェイの『キリマンジャロの雪』での冒頭部分の一説を表したTシャツです。



アフリカのキリマンジャロ山は「Ngaje Ngai(神の家)」とも呼ばれていて、その頂近くには、登っている途中に力尽きて死んでしまった豹の亡骸があるそう。



豹が何を求めて頂上を目指したのか、知る者はいません。



そのお話を知ったある1人はその豹に自分を重ねていて、彼の友人は『いつも僕がそばにいる』と言ったのだとか。





左胸に刺繍されている“Lynx of the snow(雪の山猫たち)”は、架空のストーリーの登場人物2人の関係性を表しています。




コラボレーションフレンチスリーブTシャツ ZC682(Kilimanjaro)(税込7700円)



こちらもフレンチスリーブバージョンがありますよ。タックインしてスカートと組み合わせるのもおすすめです。





個性的なTシャツを身に付けて、夏のカジュアルスタイルを楽しんでみてはいかがでしょうか。  



JOHNBULL 公式オンラインストア

https://bit.ly/3uZA9vC

※店舗での販売状況は各店舗に直接お問い合わせください



カテゴリ