柴咲コウ、ディズニー映画『クルエラ』エンドソングも歌う マルチぶりを発揮

柴咲コウ、ディズニー映画『クルエラ』エンドソングも歌う マルチぶりを発揮

 名作アニメーション『101匹わんちゃん』に登場するディズニー史上最も悪名高き “ヴィラン”(悪役)であり、映画史上最もアイコニックな白黒ファッションでも有名な“クルエラ”の誕生秘話を描く、実写映画『クルエラ』が、27日より映画館で、28日よりディズニーの動画配信サービス「Disney+(ディズニープラス)」のプレミア アクセス(※追加支払いが必要)で公開される。きょうは、主人公・クルエラの日本版声優を務める柴咲コウが、エンドソングも担当することが発表された。楽曲の一部を一足先に聴くことができるミュージックトレーラーも解禁。マルチな才能を惜しげもなく披露している。



【動画】映画『クルエラ』日本版エンドソングMV



 本作の舞台は、パンクムーブメントが吹き荒れる70年代のロンドン。親を亡くした少女エステラは、反骨精神と独創的な才能を活かし、ファッション・デザイナーになることを決意。ロンドンで最も有名な百貨店リバティに潜り込む。そんなある日、伝説的なカリスマ・デザイナーのバロネス(エマ・トンプソン)との出会いによって、エステラはファッショナブルで破壊的かつ復讐心に満ちた”クルエラ”の姿へ染まっていく──。なぜ少女は悪名高き”ヴィラン”に変貌したのか?



 エンドソング「コール・ミー・クルエラ」は、低音のビートが鳴り響く冒頭から、高音の伸びやかな歌声が広がる終盤まで、ダークで妖艶な世界観が広がるスタイリッシュな一曲。歌詞に「美しくクレイジー」とあるように、ディズニー史上最もファッショナブルなヴィラン“クルエラ”のために作られた楽曲だ。本国では、グラミー賞にノミネート経験を持つ、英国人アーティストのフローレンス・アンド・ザ・マシーンが歌唱している。



 日本版エンドソングを担当することになった柴咲は「この楽曲から、クルエラの持つ<自分に正直に生きる><心の声に従う><これが私である>という意志の強さ、表れを感じました」と楽曲の持つメッセージ性について語り、特に「<クルエラ・デ・ビル 闇に染まる それが私><美を支配する>というセリフパートの歌詞が好きです」とセリフパートがあることも明かした。



 クルエラの心情を吐露するセリフパートは、「よりクルエラの強さを秘めている部分だと思います。それが過剰になりすぎないように、クルエラが自身を客観的に見据えているような雰囲気を大切にレコーディングしました」と、柴咲。



 これまで抑え込んでいた本当の自分を解き放とうとするクルエラの葛藤と、その後に待ち受けるクルエラのせつない運命。柴咲の力強く、どこか切ない透明感のある歌声がぴったりな「コール・ミー・クルエラ」にとともに、過激かつスタイリッシュな映画の余韻を味わって。

カテゴリ