菅野美穂主演、映画『明日の食卓』ワンオペ育児のラスボス夫にイラッ 本編映像解禁

菅野美穂主演、映画『明日の食卓』ワンオペ育児のラスボス夫にイラッ 本編映像解禁

 女優の菅野美穂が主演する映画『明日の食卓』(28日公開)より、菅野演じるフリーライターの石橋留美子が仕事で徹夜作業をしていたため寝坊してしまい、忙しない朝を迎えるシーン。仕事も家庭も両立させようとする母親と、なかなか協力をしてくれない夫と子どもたち。まさしく、“ワンオペ育児”を映し出した、本作で取り上げられる育児の問題を象徴しているシーンだ。



【動画】『明日の食卓』本編映像(留美子”徹夜明けの遠足の朝編”)



 本作は、第42回講談社児童文学新人賞を受賞した「十二歳」で作家デビューし、数々の受賞歴のある椰月美智子が2016年に発表した同名小説を社会派エンタテインメントの旗手である瀬々敬久監督が実写映画化。菅野をはじめ、高畑充希、尾野真千子が三者三様の母親を演じる。



 菅野が演じる留美子は、神奈川県在住の仕事復帰を目指す43歳のフリーライター。高畑が演じる石橋加奈は、大阪府在住の30歳のシングルマザー。尾野が演じる石橋あすみは、静岡県で優しい夫と自慢の優等生の息子に囲まれ幸せそうに暮らす36歳の専業主婦。住んでいるところも家庭環境も異なる3人だが、3人とも“石橋さん”で、同じ「ユウ」という名前の小学5年生・10歳の息子を育てている、という共通点があった。



 解禁されたシーンは、よりによって2人の息子たちの遠足の日。お弁当を急いで用意する留美子。ウィンナーとブロッコリーを一緒に茹でたり、卵焼きに失敗してしまい、炒り卵にしたりと、気持ちが焦る中、何とか切り抜けようとする母親の日常の姿が映し出される。



 そんな中、兄の悠宇は「なんで起こしてくれなかったんだよ! 早くしてよ」と、留美子に当たり散らかし、さらには下の息子は泣き喚く。“こっちが泣きたい気分…”と思う中、まさかのラスボスとして夫の豊(和田聰宏)が登場。「朝からうるせえなあ」と完全に他人事であるだけではなく、「帰ってきたの、2時だぜ?」と自分の苦労話をする。



 そんな夫に「こっちは徹夜だったんですけど?」と応戦する留美子だが、それも軽くあしらわれてしまう。さらには、「あー、お茶飲みたい。お茶ないの?」と、“3人目の子ども”のような言葉も飛び出し、留美子も怒りが止まらない様子。そして、弟を置いて行こうとする、長男・悠宇を必死でなだめるが…。



 本作では、留美子以外の加奈、あすみの家族もそれぞれ異なる家庭の問題を抱えており、その問題に直面する母親たちのたくましい姿が描かれる。それでも、3つの石橋家は、それぞれの息子「ユウ」を育てながら幸せな日々を送っていた。しかし、些細なことがきっかけで徐々にその生活が崩れていく。苦労はあっても、息子への愛に偽りはなかったはずなのに、どこで歯車が狂ってしまったのか。「ユウ」の命を奪った犯人は誰なのか、そして三つの石橋家がたどり着く運命とは? “育児あるある”のその先に、深い物語が続いている。

カテゴリ