漫画家・富永一朗さん、老衰で死去 96歳 『お笑いマンガ道場』出演で人気

漫画家・富永一朗さん、老衰で死去 96歳 『お笑いマンガ道場』出演で人気

 『チンコロ姐ちゃん』『ポンコツおやじ』などの作品で知られる漫画家・富永一朗さんが5日、老衰のため亡くなった。96歳。



【写真】『ベルセルク』三浦建太郎さん、生前の若かりし頃…秘蔵ネームも



 富永さんは1925年、京都府生まれ。教員を経て上京し、編集者時代の吉行淳之介に才能を認められ作品を発表し始めた。週刊誌で連載された『チンコロ姐ちゃん』『ポンコツおやじ』など、ナンセンスやお色気を特徴とした痛快な作風で人気を博した。



 1976年から日本テレビ系で放送されたバラエティー番組『お笑いマンガ道場』にも出演し、漫画家・鈴木義司さんとの丁々発止のやりとりでも人気だった。



 86年には日本漫画家協会賞大賞を受賞、92年に紫綬褒章、98年に勲四等旭日小綬章を受章している。
カテゴリ